暮らしのなかのねこ 

フェリシモ『500色の色えんぴつ』の使いやすい収納方法

フェリシモの500色の色えんぴつをずらりと並べた光景はとても美しい。

色鉛筆好きとしてはただただうっとり。

色鉛筆として使うだけでなく、専用ラックを壁にかけたり、500色色鉛筆用のクリアスタンドラックに立てたり、インテリアとして楽しむのもありですね。

参考 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS 専用ラックフェリシモ 参考 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS クリアスタンドラックの会フェリシモ

使いやすさを考えるとクリアスタンドのほうがよさそうですが、わが家には猫がいるため立てておくのはとても危ない。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokosyobon.png
エトコ

倒されるにきまってる

500色もある色鉛筆をどう収納するか、ずっと考えていました。

送られてくるケースごとかごに入れて保管しておいたんですが、しまい込むと出すのが億劫になりまして……

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowo.png
エトヲ

積み色鉛筆が増えてるね

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoase.png
エトコ

あぁ~、そうだよね、やっぱり出しとこ

すぐに使える状態で邪魔にならずに保管するにはどうすればいいか?

最近ようやく答えが出ました。

現在、使っているのはダイソーの『積み重ねボックス(大・浅型)』。使い勝手がよく、満足しているので作業環境が大きく変わらない限り使い続けるつもりです。

手持ちの『積み重ねトレー(大)』と無印良品の『重なるアクリルケース』も色鉛筆の収納に使っています。500色の色えんぴつをいれてみた様子を合わせてレビューしていきますね。

『500色の色えんぴつ』は『積み重ねボックス』にまとめて収納

使用しないときは押し入れに積み重ねて保管

フェリシモの500色の色えんぴつをダイソーの積み重ねボックスに入れて押し入れ収納にしている
ちょっとした色鉛筆タワー?!

フェリシモ『500色の色えんぴつ』は、ダイソーの『積み重ねボックス(大・浅型)』を9箱使って収納することにしました。

塗り絵をお休みしている間は、塗り絵をしている部屋にある押し入れの中に積み重ねて置いています。

色鉛筆を保管しているボックスの左横は手芸用の糸置き場、右横のスペースは空けています。揺れや衝撃で倒れてきたことはまだありません。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

この押し入れの中が趣味のもの置き場なの

『積み重ねボックス』の中身

ダイソーの積み重ねボックスにフェリシモの500色の色えんぴつ60本とカラーチャートを入れている
このままのセットで使ってもいい

ひとつのボックスにテーマ3セット(60本)ずつ、色鉛筆と同封されてくる色名の紙と一緒に入れてます。

『500色の色えんぴつ』は、20本ずつテーマに沿った色で展開されているのが特徴で面白いところでもあります。

せっかくなので、そのテーマごとの組み合わせで色選びを楽しみたいと考えまして、テーマがばらけないよう3セットずつに分けて収納することにしました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokogood.png
エトコ

『500色の色えんぴつ』ならではの遊び方だね

MEMO
はじめは色ごとに分けてましたが、あいまいな色の判断が難しかったのでテーマごとにしたのもあります。例えば、グレーに限りなく近いブルーグレーは青か緑か青緑、または緑みの青もしくはグレーのどの分類?など。
ダイソーの積み重ねボックスに色番号を書いたテープを貼りつけ、番号に対応したフェリシモの500色の色えんぴつを入れている
使うときに出し入れしやすいように番号を貼ってある

ひと箱60本ずつにしてあるのは、色を選ぶのに空間的余裕をみてるからでもあります。

色鉛筆を4段に重ねるくらいなら、下段に埋まっていてるものもかろうじて取り出せます。

理想は2段重ねくらいですが、ボックスをこれ以上増やすと作業机にボックスタワーができてしまい、かえって探しにくい。

ダイソーの積み重ねボックスにフェリシモの500色の色えんぴつ90本を入れている
90本の中から1本を探すのは手間がかかる

実はもうちょい入ります。

ぎりぎり5段重ね、いけます。

色名の紙は入らないし、色鉛筆は取り出しにくいけど。

ひとつのボックスに90本きつきつに詰め込んで、ボックス6個で500色全部が納まります

ダイソーの積み重ねボックスにフェリシモの500色の色えんぴつを90本入れて、その上にボックスを重ねている
色鉛筆を擦ってしまいそうなぎりぎりの高さ

ちゃんとボックスを重ねて収納もできますよ~。

ボックス6個でも納まるのに、9個にしたのには理由があるんです。

ひとつは、色名の紙を一緒に入れてテーマごとの色選びを楽しみたいから。

もうひとつは、画板をたてかけて使いたいから。

画板についてはまた次回書きますね!

『500色の色えんぴつ』を『積み重ねトレー』に収納

ダイソーの積み重ねトレーにフェリシモの500色の色えんぴつを36本入れている
36本きっちり詰めていれた

『積み重ねボックス』の代わりにトレーを使うこともできます。

……が、これなら色鉛筆が送られてくるケースに入れたままでもよいのでは?と思えるサイズ。

ダイソーの積み重ねトレーにフェリシモの500色の色えんぴつを36本入れて横からみたところ
色えんぴつ2段重ねくらいが探しやすい

『積み重ねトレー(大)』に入る『500色の色えんぴつ』は、きっちり詰めて36本。

ダイソーの積み重ねトレーにフェリシモの500色の色えんぴつを2段重ねで入れて、上にトレーを重ねている
浮いているように見えるがはまってる

トレーを重ねて使う場合は34本でないと上段のトレイがはまりません。

ダイソーの積み重ねトレーの横にフェリシモの500色の色えんぴつを入れた積み重ねボックスを並べておいてある
色数が少なければトレーを収納に使っても

トレーは収納に使うより、ボックスから取り出した色鉛筆の一時置き場におすすめです。

複数のボックスから色鉛筆を出して使うときに、ちょっと置いておけるトレーがあると作業が進めやすくなりますよ。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

高さ以外は同サイズのボックスとトレーは重ねて置けるから場所を取らないのがいいね

『500色の色えんぴつ』を『重なるアクリルケース』に収納

無印良品の『重なるアクリルケース』の引き出し収納

無印良品のアクリルケースにフェリシモの500色の色えんぴつ20本が入っている
『500色の色えんぴつ』をインテリアの一部としてみるなら断然こっち

透明のアクリルケースに入った色とりどりの色鉛筆はとてもきれい。

無印良品の『重なるアクリルケース』の3段と5段を持っているので『500色の色えんぴつ』を入れてみました。

どちらもひとつの引き出しにぴっちり60本入ります

500本の収納には引き出しが9個必要。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoQuestion.png
エトコ

5段を2個か3段を3個か……

わたしなら5段を2個にして、ひとつ空いた引き出しにカラーチャートなどをしまうかな。

『500色の色えんぴつ』は最初に何本か基本の色がセットとは別に送られてきますよね。そういうストックの色鉛筆入れ場にちょうどよさそうです。

無印良品のアクリルケースにフェリシモの500色の色えんぴつ20本を入れて、横からみたところ
引き出し前面に見える3色の配色にこだわるのも楽しい
無印良品のアクリルケースにの奥行き寸法内にフェリシモの500色の色えんぴつが入らない様子
奥行きがあってもこの方向で色鉛筆をいれるのはまずい(芯が折れる)
参考 重なるアクリルケース・横型5段無印良品 参考 重なるアクリルケース・横型3段無印良品

無印良品のアクリルケース3段よりお安い

アクリルケース収納には向き不向きあり

作業テーブルの横に色鉛筆を収納し、その手前に鉛筆削りや消しゴムなどの文房具が置かれている2017年頃の塗り絵の作業台風景
塗り絵台はファイルクリップをひっくりかえしたもの

2017年10月、おばあちゃま猫(うめ)がいた頃の作業机まわり。

机の右端にアクリルケースがあるの見えますか?

当時、引き出しタイプのアクリルケースに色鉛筆を入れて使っていました。

すっきりとして気持ちの良い収納方法に満足していたんですが、しばらくしてやめてしまうことに。

何度も引き出しを開け閉めするのが面倒になってしまい、挙句の果てには、引き出しを全開で出しっぱなしという(笑)

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowoegao.png
エトヲ

いつもなんでもしまい込むのに珍しい

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoihihi.png
エトコ

作業場は使いやすさ第一で。今はペン入れとして活躍中だよ

アクリルケースをペン入れとして使っている写真のある記事 腐れ縁と幼なじみ

ペンを入れて使ってみて気がついたのは、引き出しを全部出して並べてから、色を選らぶのなら使い勝手がよいということ。

ちょこちょこ色を選びながら塗るのには向いていなかったのかもしれませんね。

引き出しを全部出して置けるスペースが作業机にあるなら問題なさそう。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

見た目にこだわって失敗したパターンだよ

最後に

500色の色えんぴつに限らず、他のメーカーの色鉛筆も『積み重ねボックス』や『積み重ねトレー』に収納しているものがあります。

さっと取り出せて、色鉛筆が選びやすく、しまいやすい。

500色もあると出し入れに手間取りますよね。ちょっとした面倒で使わなくなるなんてもったいない。

色鉛筆のケース選びに迷ったらボックス収納を試してみてはいかがでしょう。