暮らしのなかのねこ こちら

麻糸のパイナップルバッグ

麻糸(ジュート100%)でパイナップルバッグを編みました。

本で見たときから興味があったものの、

「スケスケでひっかけたりしないかしら?」

「使っているうちに伸びきってしまわないかしら?」

「使わなかったらもったいないよね。。。」

使い勝手が気になって作れないでいました。

そんなとき、台所で空瓶をいれておくのに使っていた布袋が破れたのです。まるで「作ってみなよ。」といわんばかりのタイミング。

私は、こういったタイミングには何かしら意味があるだと信じています。

そこで、「それならば!」とウキウキ編んでみました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-egao5.png
エトコ

パイナップルバッグ編むの楽しかった~

編んだのが2月頃のこと、このバッグを使い始めてすでに2ヶ月が経ちます。

台所で吊るしっぱなしにしているので伸びきっていますが、伸びないと柄が浮きあがってこないので、これでよいみたいです。

透け具合もたいして気になりませんでした。でも、外出に使うようなら巾着など使わないと、細かいものは落ちてしまいそうです。

この少しだけ残った糸、どうしましょう……。

形にするには少なすぎる。白糸と合わせて何かつくるかな?

編み図と使用糸

使用糸は、毛糸ピエロのエスニックジュート(アトランティックブルー)です。細めの麻糸なので2本どりで編んでます。使いこむと擦りきれそうな感じがあります。