暮らしのなかのねこ こちら

ビーズを編みこんだシックな眼鏡ケース

お昼の太陽の下でみると地味で存在感のないこの入れ物。

でもね、夜の照明の下でみると煌くビーズが艶やかな雰囲気を醸しだす。

何が入っているのか開けてみたくなる、そんな入れ物に変身するのです。

入れ口をひらくと……

そう、これは眼鏡ケースでした。

微妙な色の濃淡にお気づきでしょうか。

一見するとランダムなようで、実は規則正しくならべてあるビーズ。菱形の模様が浮き出るようにビーズを編みこんでいます。

色の変化と模様の組み合わせ方でビーズの部分がゆらめいているように見える。

これはたぶん、目の錯覚というやつでしょうか。

狙ったわけではなかったのですが、編んでいるうちに気がつきました。

この目の錯覚を利用すればもっと面白い作品ができそうですね。

今回は編みながらデザインを考えていったので、編み図等はありません。幾度となく解きながら編んだので、糸が切れやしないか心配でした。

少々毛羽立つところもありますが、糸は切れることなく最後まで編めました。