チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

チョコナッツロール

米びつが寂しくなってくると、粉モノご飯がふえてくるわが家のお献立。米を作っている実家から届くふるさと便を楽しみにしつつ、せっせとパンを焼いています。

米作りの大変さをかみしめていただきま~す

初めの頃は、米作りを手伝えないのに送ってもらうのは心苦しくて断っていました。だって、大部分が機械化されたとはいえ、お米作りは本当に大変なのです。

自分も米作りを手伝ってみてはじめてわかる一粒の重み。それでも「父作のお米を食べて元気でいることも親孝行なんだから。」と言う両親。

今はその好意にありがたく甘えさせてもらっています。

で、お米だけならまだしも年末の帰省の時には、「パンを焼いとるんか、ならパン用の小麦でも植えようか?おっ!おまえ、うどんもうつんか?昔はうどん用の小麦も植えとったんぞ!また植えてやろうか?でな、石臼でひいてうっていくのな、そうやって作ったうどんはうまいんじゃー。わっはっはっ!」なんて言いだしました。

凝り性で変わり者の父なので、本当に植えてしまうのではないかとハラハラです。

溶けるチョコで作るのがおススメ!

さてさて、今回は夫のリクエストで甘いパン。

粗めに砕いたチョコとクルミを巻きこんだロールパン。
たまご色のふかふか生地に、サクサクの焼きチョコの香ばしさがぴったり。

とってもあま~いパンを前にして、ム、虫歯ナンテ💬

製菓用の焼いても溶けにくいチョコより、溶けやすいチョコのほうがおすすめ。焼きチョコにして美味しいチョコなら文句なしの出来上がりに。

今回はレシピどおりの200gの粉で捏ねました。200g以下だとこの成形は難しいのじゃないかと思えます。

参考にした本

パンやパンを使ったレシピのバリエーションが多く、焼きあがったパンを
おいしく食べるためのアイデアが盛りだくさん。

この本からクリスピーピザやチーズサンドパンなどいろいろ焼いていますが写真を撮り忘れて食べてしまいました。