暮らしのなかのねこ こちら

オーブンのクセ?故障?温度計で庫内を測ってびっくりの結果に

気温、湿度に仕込み水の温度、吸水量にこね上げ温度、などなど細々とデータをとりながら、同じレシピでパンを焼き続けています。

わが家ではオーブンレンジのオーブン機能を使ってパンを焼いてます。

コンベクションタイプではないので、焼きムラに幅があるのもしょうがないと思ってました。

それにしても、毎度きちんと作業をすすめているのに、日によってまったく違う焼きあがりになるなんておかしいぞ。

なんでだろう?と気になって、とうとうオーブンの庫内温度を測ってみることにしました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/mine-iu.png
エトヲ

測った結果、温度センサー壊れてるってことで、オーブン買い替えたいって話なのかな?

https://etoko.net/wp-content/uploads/2018/12/toko-itome3.png
エトコ

まぁ、そんなとこ。故障かはわからないけど何度か試してみたって内容だよ

初めてオーブン庫内の温度を測る

使ったのはタニタオーブン用温度計。

オーブン庫内の中央、パンをいつものせているあたりに温度計を設置して、スイッチオン!

待つこと15分…… 

……なんと、180℃で予熱完了したとき、温度計は130℃!!!

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-odoroki.png
エトコ

あれま!全然、予熱できてないじゃないかー

それから10分加熱し続けて、

焼き上がりブザーが鳴る10秒前にやっと180℃になったばかり。

何度、庫内温度を測ってみても似たり寄ったり

次の日、ふたたび試してみました。

ほら、たまたまオーブンの調子が悪かっただけかな~?と思って。

1度めのチャレンジ。

180℃で予熱を終えたときの温度は150℃。

それから10分加熱して、焼きあがりブザー直前にやっと170℃になりました。

オーブン用温度計にも±10~20℃の誤差があるとはいえあまりの温度差。

オーブンを冷まして、2度めのチャレンジ。

温度計を見ながら180℃になるまで予熱。

パンを入れるために扉を開くと一気に100℃まで下がりました。

パンを焼き始めて180℃に戻る頃には、焼成時間の終了。焼きがたらず、もうちょい焼いたほうがよさそうで、追加で10分焼くことに……。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-itome22.png
エトコ

こりゃ、だめだ~

3度目の正直があるかもしれない!オーブンを冷ましてチャレンジ。

しつこい(笑)

220℃で予熱してみたけれど、結果は大差なく。

パンを入れるのに扉を開くと140℃までさがり、焼き上がり直前で180℃に戻る。

扉の開閉から温度を戻していくのに時間がかかりすぎるんですね。

4回試しての結論は「温度感知センサー壊れてるかも」ですね。

毎日、パン焼いてましたから稼働率が高すぎたのでしょうか。

日によって微妙に庫内温度が変わるようでは、パンの焼きあがりにムラがでるのは当然のことでした。

オーブン温度計は必要ないと思っていたのですが、試してみるものですね。

オーブンの昨日が壊れて温まらないわけではないので、しばらくはオーブン温度計を使いながらパンを焼くことにします。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-itome22.png
エトコ

オーブンを買い替えるのか、どうするか考えないと

参考レシピ

この本に載っているパンのレシピは3つで、あとはそれぞれのパンに合うお料理が紹介されています。

レシピ本というより、パンをとりまく小話集という雰囲気。

私も田舎パンが好きなので共感できる部分も多々ありました。

堀井さんの他の著書も読んでみたいと思えてくる内容でしたが、レシピ本としてはいまひとつ物足らない感じ。

実用というより読み物として楽しむ本のようです。