暮らしのなかのねこ 

ペストリーボードとパンマット、それぞれの役割とお手入れ方法

使っているパンマットとペストリーボード

ペストリーボード(パンこね台)を使い始めて早1年。

昨年の秋口から手荒れがひどく、パン生地を手でこねることがめっきり減ってしまいました。

それでも、パンを焼くときは必ずペストリーボードかパンマットをひっぱり出しています。

キッチンエイドで生地をこね、仕上げはパンこね台ボードかパンマットで。

キメを整え、最終確認をします。

こねあがりの生地は、触るとなんともいえない気持ちのよさ。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoureshii.png
エトコ

いつまでも触っていたいくらい。これは癖になるね

ペストリーボード(パンこね台)の使い方とお手入れ

ペストリーボード(パンこね台)とボードをお手入れするときに使うオイルにさらしのふきん
ペストリーボードとお手入れ用のオイル

わたしが使っているペストリーボードです。

ペストリーボードの使い方

生地をこねて、休ませ、成形する。発酵をしているあいだ以外は、ずっとペストリーボードの上で作業をしています。

木のボードは生地の温度を一定に保てるのがよいですね。

パンマットに比べて乾燥しにくいけれど、べたつく生地を扱うときは打ち粉が必要になります。

ペストリーボードのお手入れ方法

使い始めはカサついていた木肌が、使っている間にしっとりすべすべになってきました。

木のものは洗えないから不便ということもありません。

ミネラルオイルでお手入れして3ヵ月後くらいからは、使ったらすぐに水で軽くすすいでいます。オイルがなじんでいるので、木が傷んでしまうということはないですよ。

生地が薄い膜のようにこびりついてしまったら、スケッパーでガリガリせずに、たわしで軽くやさしくこすり落とします。

洗ったらすぐに乾いた布巾で拭きあげて、日陰の風通しのよいところに立てかけて乾かすとカビも生えません。

木がカサカサしてきたら、さらしにオイルを含ませて薄く塗りのばし、しばらく風通しのよいところに置いておくだけ。

変色もせず、カビも生えず、清潔な状態を保てています。

パンマットの使い方とお手入れ

キャンバス地で作られているパンマット
何度も洗っているパンマット、端が少しずつほどけてきてます

上の写真は、粗めのキャンバス地で作られたパンマット。

ミニサイズをよく使います。

MやLサイズはフランスパンみたいな高加水のパンを何本も1度に焼きたい、とかでなければ出番はあまりないかと。高加水とは粉量に対する水分量の多いパンのことです。

パンマットの使い方

パンマットの上で生地をこねたりはしません。こねるのはボードで、それかミキサーにお任せです。

1次発酵を終えた生地を休ませて、成形するときにパン生地の下に敷いて使います。

余分な水分をマットが吸ってくれるので、ペストリーボードより生地が扱いやすくなります。

他には、ボードに薄く打ち粉をして(粉を刷毛ではらうくらい薄く)も生地がべたついて扱いにくいとき、ボードにおいてある生地にパンマットをそっとあてて、べたつきをやわらげます。

本を読むと ”パンマットの上で作業しましょう” とあるのですが、パンマットの上で作業すると、どうしても生地が乾燥しすぎてしまいます

1次発酵を終えた生地が乾燥気味のときは、パンマットは使わずに、ボードで手早く作業します。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoase.png
エトコ

わたしの作業がゆっくりすぎるのかも

通常はペストリーボードで作業をします。

べたつく生地を扱うときのみパンマットの上で、と使い分けると、生地の乾燥による失敗が減りました。

パンマットのお手入れ方法

お手入れは、使ったらすぐに洗剤で洗って、日光浴でよく乾かします。くもりの日であればアイロンをかけて仕上げると安心ですね。

時間をおくと生地がこびりついて取りづらくなるので、早めに洗うのがポイントです。

2019年、10年後のボードとマットは?

【2019年 追記しました】

パンを焼き始めて10年近く経ちます。

現在もパンマットとペストリーボードは両方使ってます。

パンをこねるのに慣れていて、生地を上手に扱えるのであればどちらも要らないと思います。最近は、ボウルひとつで作るこねないパンレシピもありますよね。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

そのうちストウブでつくるパンに挑戦しますよ~

慣れない初心者さんはペストリーボードかパンマットのどちらか、またはどちらもあったほうがよいですよ。

パン生地を傷めずにすむので失敗が減ります。

おいしく焼ける!満足感も半端ない。

じっくりかみしめながら食べるパンのおいしいこと。

おいしく焼けるようになると、自分だけでなく家族も喜んでくれるんですよね。

あまり失敗しなくなると、どんどんいろんなパンが焼きたくなって、焼けば焼くほどできることが増えて上達していきます。

よりパン焼きが楽しくなる、そうやってわたしはパン沼にハマりました(笑)

腕が足りない分、道具が助けになってくれる。

なくてもよいけど、あったほうがいい道具ですね。

水分調節に慣れた中級者さんならペストリーボードをおすすめします。パンマットはパン以外に使い道がないけど、いろいろ手作りされる方ならペストリーボードは他にも使い道が見つけやすいからです。

うちではピザやナンを作ったり、お菓子作り(主にクッキー)、あと餃子を作ったり(包む)するのにもペストリーボードを使っています。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokooishii.png
エトコ

ペストリーボードにぎっしり並ぶ餃子をみて満足感にひたるの

ちょっと変わった使い方として、ガスコンロのごとくの上にボード(裏面)を置いてホットプレートを使う時の簡易作業台にしていたりも。コンロの真上に換気扇があるので便利なんですよね~。

お手入れはミネラルオイルを1本使い切ってからは、オイルなしですが特に異変はありません。手入れをきちんとしていれば長く使えるのでおすすめアイテムですよ。