過去記事の見直し作業中です

腐れ縁と幼なじみ

「私たちって腐れ縁だよねぇ」

そう言ったのは、数十年来の友人でした。

何をいきなり…
腐れ縁という言葉をどう受け取ればいいのか。

戸惑いつつも「え~それってなんかひどーい😭」と答えた私。
あまりよろしくない意味だと解釈してました。

「なんでぇ~?だってさぁ、90歳のおばあちゃんになってもこのまま延々と縁が続きそうだし、いいじゃん、そういうの😃めったにない縁だと思ってる!」

彼女にとっての腐れ縁はとても良いご縁のことだそうで。
なるほど、そうか、そうなんだと納得。

腐れ縁って良い意味も悪い意味もあるんですね、知りませんでした。お恥ずかしい。

腐れ縁って思い込み

幼なじみとは切れそうで切れない縁でつながっていて、進学や就職などライフスタイルの変化で離れることがあっても、数年後には近くで生活する環境になったりする。

示し合わせたわけでもないのに不思議だね、って2人でよく話しています。

私が結婚して九州から離れ北関東に引っ越してきてからは、さすがにこっちに来ることはないだろうと思っていたら、10年後になって幼なじみの旦那さんの転勤で家族全員で関東に引っ越してきた!😳

お互いべったり依存する関係ではなく、それぞれの暮らしや人間関係には干渉せず、ただ気ままに会って色んな事を話して笑って過ごす。
けれど、相談事には真摯に向き合いアドバイスをしあう仲でもあって。

いつでも彼女の決断を応援していたいし、幸せに過ごしているのならそれでよいなと思う。

お互いに「ずーっとこの縁は続いていく」と意識もせず当たり前のように思い込んでいるうちは縁がつながっているのだと思います😊そういうもの。

そう思うのをやめてしまったとき、縁が切れるのではないでしょうか。

幼なじみの娘ちゃんは当人そっくり

夏の終わり、幼なじみが娘ちゃんを連れてわが家に遊びにきました。

今年で10歳になる娘ちゃんの年齢の頃には、すでに幼なじみとは親友でした。
娘ちゃんに初めて会ったとき、容貌や性格がとてもよく似ていて思いがけず笑ってしまいました。

幼なじみがタイムトリップしてきたようで嬉しくてね、頬がゆるんじゃうんだよ。

お話する様子や小食なところも、人見知りするところまでそっくり。
幼なじみはというと「自分にそっくりすぎて嫌になる」と苦笑い😊

よいじゃないの、見ているこっちは楽しくてたまらない。

娘ちゃん、手芸が好きなそうで、刺繍やレース編みをみては目を輝かせてました。
近くに住んでいたら一緒にしたかったけど、1時間半の距離はちょっと遠いよねぇ。

あと塗り絵にも興味を持ってくれたので、少しだけやってみることに。
あれこれペンを選びながら楽しそうに塗ってましたよ~。

おばちゃんずはお話に花が咲いちゃって、まぁ、いつも通りな感じで過ごしてました。

おやつ食べて、塗り絵して、にゃんこーずと戯れてあっという間に帰宅の時間。

抜け殻にゃん

人見知りをする新米にゃんこファム、この日は珍しくお客様の前に姿を現して、一緒に遊んでくれてました。

なでまわされても嫌々せずにだらっと脱力。これぞラグドールといった感じ。

お嬢にゃんこは「かわいぃぃぃぃ~😍」のお言葉をいただいたら、さっさと雲隠れしてましたね。
来客があるときはいつも「可愛い」と言ってもらうまではウロウロしてます(笑)

お客様の接待ありがとう。にゃんずに、感謝💕