暮らしのなかのねこ 

自作したパン用の発酵器が大活躍

家庭でのパン焼き人の憧れの的、発酵器。

発酵を極めればおいしいパンが焼けるに違いない。

(実際はこねたり成形の要素もあるんですが)

ほ、ほしい……

喉から手が出るくらいほしい……

とは思えど、ぼちぼちペースで焼くわたしにはもったいない代物。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowooishii.png
エトヲ

こんなにうまいパンがいつでも食べられるの?!よぉぉしっ、発酵器買ってやろうじゃないの!

夫はこういうキャラではありません。わたしの妄想です(笑)

なーんて夫に言ってもらえるその日まで、自作発酵器でがんばります。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

いつかはちゃんとしたやつを手に入れたいなぁ

夫をうならせるパンを焼かねば。。。

うーん、うーん。。。

もらってくるだけで簡単に作れる発酵器

自家製発酵に温度計、生地を入れたボウル、お湯を入れたビンをセットして発酵している
シンプルすぎるつくりのお手製発酵器

よく本で見かける定番の温度管理方法

おいしいパンを作るのに温度管理はとても大切。

そうはいっても発酵中のあいだ一定の温度を保つのは難しい。

  • ビニール袋をかぶせてコップを入れる
  • オーブンレンジの発酵機能を使う
  • お風呂のふたの上に置いておく
  • こたつに入れておく
  • 電気毛布でくるむ

このあたりが定番でしょうか。

たまにパン作りをするのなら、定番の方法でもよいですね。

定番の方法を試してみた感じはこんなふう。

  • ビニールだけのはすぐに冷める
  • オーブンレンジ発酵は予熱している間に生地が冷めるのと、ちょうどいいタイミングでオーブンに入れられない
  • 保温できるほどお風呂のふたが温かくないのと、うちのお風呂場は近所の畑から砂ぼこりが舞い込むのでキビシイ。
  • こたつ、電気毛布は持っておらず。
https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

面白そうなのは車内発酵。駐車場がそばにある家ならやってみたい

使いやすいよう発酵器を自作する

「パンの発酵だけじゃなくて、料理にも使える保温器のようなものがあるといいな」 と思っていたので、身近なもので作ってみることにしました。

自作発酵器の作り方

うちの発酵器は、スーパーからもらってきたリンゴの発泡スチロールに、プラスチックのふた付き水切りカゴをはめ込んだもの。そこに500mlビンにお湯を入れて保温してます。


【天板が大きすぎてビンが入らない場合】浅めのボウルに50℃くらいのお湯を入れ、その上に天板をのせてます。お湯の温度は様子をみながら調節します。

これ作ると言っていいものかな?(笑)

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

簡単すぎるけど自作は気軽にできるのがいいんだよ

もっと簡単な自作発酵器

ちなみに、発泡スチロールだけでも十分発酵器として使えるんです。

しばらくは、発泡スチロールに直接、天板とお湯の入ったビンを入れて発酵器として使っていました。

そのままでも使えたのに水切りカゴを入れて使うことにしたのは、発泡スチロール内についた水分が完全に乾くまで時間がかかったから。

それと、ごしごし洗えないのも気になって。

発泡スチロールの内側に、防水シートを貼りつけて使うのもありかもしれません。

自作発酵器の保温力は意外とある

発砲スチロールにプラスチックの水切りかごをセットした自家製発酵器
水切りカゴは高さがあり、発泡スチロールのふたが浮く

お手軽なわりに保温力はなかなかのもの。

日々の気温が30℃を超える夏場でも、保冷材をいれておけば20℃以下の保冷ができます。

これは助かりますよ!

夏場は常温で発酵させるとあっという間に過発酵になったりしますもんね。

室温にもよりますが、30℃を保つのに1時間くらいならそのまま放置、2~3時間保ちたいなら途中で1度お湯を入れ替えれるくらい。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

こまめに温度計をチェックしなくていいのは楽ちん

天板が2枚になるときは、発泡スチロールと水切りカゴを分けてそれぞれを発酵器として使います。

一方を30℃(35℃)に、もう一方を25度(夏場は保冷剤)もしくは常温で保温すれば、時間をずらしつつも同時に発酵させることができるんです。

水切りカゴのふたに高さがあるので、すこし窮屈ですが天板のサイズ次第では2枚に重ねても入れられます。

自作発酵器で発酵中の様子

自家製発酵器の中の様子。お湯の入ったビンとパン生地の入ったボウルが入れられている
キッチンエイドでこねて、一次発酵中の発酵器内

水切りカゴに入れているものは以下。

  • 湿度用の高めのお湯を入れた小ビン
  • 保温用のぬるめのお湯を入れてふたをした中ビン
  • 温度計
  • 生地の入ったボウル

ボウルにラップはかけず、さらしを軽くかぶせて、湿度調節を。二次発酵の天板を入れるときも同じようにしています。

水切りカゴと発泡スチロールのふたをして、上からカバー(記事トップ画像の青い布)をかけて発酵を待ちます。

自作発酵器の使い道

パンの発酵以外でこう使う
  1. 水切りカゴのふたをベンチタイムの生地にかぶせる
  2. 発酵器の上にカバーをかけてサイドテーブルとして
  3. ヨーグルトづくりに
  4. 米麹の甘酒づくりに
  5. 煮物などのお料理に

1.ベンチタイムの生地カバーとして使う

ベンチタイムのときにパン生地の乾燥を防ぐため、水切りカゴのふたを生地にかぶせています。

湿度が高く生地がべたつくときは、濡れふきんなしでふたをかぶせておくと、パン生地がふきんにくっついて困ることがなくなりますよ。

ベンチタイムで使っている画像があります 発酵にかかる時間の計算式|失敗の原因を探る

2.サイドテーブルとして使う

発酵器として使わないときは、カバーをかけてソファの横にスタンバイ。

読んでいる本やお茶セットを置いたり、間接照明を置くことも。サイドテーブル代わりになってます。

カバーを外してサッと使え、使い終わればまたカバーをかけるだけ。

片付ける手間なし。

3.ヨーグルト作りに使う

パンを焼かない日はヨーグルトを発酵させるのに使います。

ヨーグルト菌を混ぜ込んだ牛乳を保存容器に入れ、保存容器ごと大きめの鍋で湯煎します。牛乳が温まってきて40℃を超えたらすぐに火を止め、保存容器のふたをして鍋ごと発酵器に放り込みます。待つこと6時間で自家製ヨーグルトのできあがり。

途中で温度が下がりすぎるようであれば、鍋ごとコンロにかけて40℃程度に温め直します。

4.甘酒作りに使う

米麹でつくる甘酒の発酵にも最適。

おかゆに米麹を混ぜて鍋ごと発酵器へ。2~3時間おきに全体を混ぜながら60℃まで温め直すこと2回。とろとろに甘くなったらできあがり。発酵が終わったらすぐに冷蔵へ入れるのがおいしく作るコツ。

冷蔵庫へ入れる前にハンドミキサーをかけておくと、使う時プチプチが気にならずすぐに使えます。

5.煮物などの保温調理に使う

もちろん保温調理器代わりにも使えます。

ストウブや土鍋などの保温力の高い鍋と組み合わせれば、無敵!

うんま~い煮物(おでんとか)が放っておいてもできあがってます。味のしみにくいこんにゃくや、糸こんにもしっかり味がはいるんですよ~。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoihihi.png
エトコ

(2019年追記)使い勝手がよすぎて専用の発酵器を買わないまま10年過ぎちゃった

パン作りにキッチンエイド追加

ペストリーボードの前にキッチンエイドが置かれている
がっつりパンをこねられるキッチンエイド KSM5WH
台所に置いているキッチンエイドとその付属品
キッチンエイドの付属品はまとめてボウルの中へ収納

ホームベーカリーと入れ替わり、台所へやってきたキッチンエイド。

はじめはこね方がよくわからなかったけど、慣れたら簡単。

ギュルン、ギュルン、すごい音をたてながら力強く生地をこねてくれます。本体が揺れまくるんで本体を置く場所に注意が必要ですね。

ボウルがなくて手持ち無沙汰な姿は遠くからみると……ちょっと間抜け?

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokooishii.png
エトコ

パンだけじゃなくて餃子やハンバーグのタネもこれで大量に混ぜてるよ