暮らしのなかのねこ こちら

ペンだけで塗るとくどくなる?~白うさぎと時計~

ひょぇ~目が回っちゃうよ~。

細かいなぁ。

どうやって色決めよう。

どこから塗ろう。

アリスを青でウサギは赤ジャケットとか、定番な感じだけど。

なんかエリザベスみたいなのが浮いてるような…

うーん、うーん、意外と難しい。

どこから始めてよいか決められなくて、いきなりつまずきました。

ごちゃつき予防にパイロットのJuiceだけで塗る

迷うときは、まずは使うメーカーを絞るのが無難だろうということで、今回はJuiceのみで塗ってみました。

選択肢を絞ったぶん色選びがだいぶ楽。

さらに、使いそうな色(8色)だけを箱から出して手元に準備して、作業開始!

色を選ぶときは手元に出しておいた分から使って、どうしても足らないな~と感じたら1色ずつ足していく。

たいした手順でもないんですが、箱にぐしゃっと入ってる中から選び取るより面倒でもなくて、いい方法だと思ってます。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2018/12/toko-egao7.png
エトコ

色鉛筆で塗るときも同じ方法だよ

白く塗り残したところが多いと軽さがでる

ペンだけで多色使いのべた塗りをしていると、気づいたときにはくどくなっていたりします。

今回は軽めにまとめたくて、白い部分を多く残してみました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-itome22.png

うまくいってるかなぁ

まずは何となくで色を決めていたアリス(水色系)と白ウサギ(赤紫系)を塗り、次に木々(青茶系)の順番で塗り進め、続けてページ上部は寒色系、ページ下部は暖色系で塗りました。

途中、

「ここは全部塗ったら重くなりそうだ」

と感じた部分は塗らずに白のままで残して先に進む。

葉っぱの右半分だけ残したり、花の一部だけ塗ってみたり、その時は物足りなく思えても塗らずにおく。

全体の7割ほど色を入れ終えたら、一度本から目を離して休憩または他の用事をしてました。

ずーっと画面を見てると目が慣れちゃう気がしたので。

しばらくして再び目を本に戻し、全体のバランスをみつつ白の部分を埋めて、もうちょい塗ろうかな?ってくらいでおしまい。

わたしの場合、塗りすぎることが多々あるので9割がたで終えるくらいがちょうどよいと思ってます。

時計の配色に失敗

時計の配色がいまひとつ。

手持ちにJuiceのグレーや黒がなくて、黄色にしてみたけれど微妙。

ロールケーキみたいになっちゃった(笑)

コーヒーブラウンやブルーブラックだと渋くなりすぎるかなぁ。

塗り終わってしばらく経ってから見ても、これっていう配色が思いつかないままです。

次はこってりべったりなペン塗りです。

肩が…肩がぁ~凝りまくりました。

塗り絵本と画材