暮らしのなかのねこ 

お米の保存容器を見直す

2か月前のある朝のこと。

寝ぼけまなこで冷蔵庫の野菜室からお米の容器を取り出して、振り返った瞬間、容器が手から滑り落ちまして……

ドゴッ!

鈍い音とともに床に散らばる生米の粒たち。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoshock.png
エトコ

あぎゃー!
なんてこった

猫たちにペロペロされる前に、大慌てで回収。

フタをしめようとして、割れているのに気がつきました。


お米を入れていた
10年もののプラ容器

お米を入れていた容器の側面にあるくぼみをつかんでいる
親指と人差し指をグッと開いてつかむのは力が入りにくい

この容器に入るお米の量は 3kg ちょいくらい。

容器の側面には、つかみやすいようくぼみがあります。

このくぼみを使っても片手で持ちあげるのは難しく、いつも両手を使って冷蔵庫から出し入れしていました。

それでも落としてしまった……実は今回で2度目。

蓋の折れたプラスチック容器をマスキングテープで補修している
マスキングテープで留めても閉まらない

このお米を入れている容器を使い始めたのは、パンを焼き始めたあたり。かれこれ11年近く前になるでしょうか。

毎日何かしら取り出すのにパカパカ開け閉めしていたけれど、フタの留め部分がゆるむこともなく、長く使えていいなと思っていました。

  • シンプルな形状でどこにでもぴたりとおさまり、
  • 中身を入れても軽く、
  • 密閉できて、
  • カパッと開きやすいフタ、
  • さらに開口部も大きい。

使い勝手が非常によくてお気に入り。

この容器はたくさん持っています。Lサイズ残り3つ(乾物入れ)と、Mサイズ残り3つ(粉もの入れ)は11年経過した今でもまだまだ現役。

今回割ってしまったものは「これまでありがとう」の気持ちとともに処分しました。

代わりにお米入れに選んだのはフリーザーバッグ。


お米の冷蔵保存には
フリーザーバッグがよい

IKEAのプラスチック袋ISTADにお米を入れている

灯台下暗し、とはこのことか。

毎日使っているフリーザーバッグがまさかお米の保存にもよいとは気づきませんでした。フリーザーバッグで、お米の冷蔵保存いいですよ。

めちゃくちゃ使いやすい。

おすすめ度、星5つ。

ガシッっとつかみやすいし、これなら落としても割れはしないでしょう。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

落として割った、ってとこが気になってたんだ~また落としそうでさ

容器落としてフタが割れて、代わりの入れ物をすぐに用意できなかったものだから、とりあえずでフリーザーバッグに生米を入れて冷蔵保存で使ってみたら、案外使い勝手がよい。

2か月経っても次の容器を探す気が起きないほど気に入りました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowo.png
エトヲ

落として袋がはじけないよう2重にしとかんとね

そそ、これこれ。

わが家ではお米を冷蔵庫の野菜室で保存しているため、野菜で突き破る……ことはないかと思えど、用心してフリーザーバッグ2重にして使っています。

わたしが持っているのは2017年に販売されていたIKEAのプラスチック袋ISTAD

イエローとホワイトのコンビが気に入って使っています。

サイズは

  • ホワイトが24×26.5cm、2.5ℓ
  • イエローが20.5×20.5cm、1.2ℓ

1箱にそれぞれ25枚入り。

お米をいれておくだけならさっと洗って再利用できるので、しばらくもちそう。


おわりに

長年使ってた容器が壊れてショックではあったのだけど、代わりに新しい収納方法を試すチャンスができてよかったです。

最近は「ものが壊れたとき、思い込みも壊れる」傾向がパターン化しつつあります。ずっと続くものはないのだと毎度思い知らされます。

お米を冷蔵保存していて、容器に迷ってるのならフリーザーバッグも試してみてください。

ちなみに、2度も容器を落したのは四十肩が原因だろうなぁと思ってます。このところ、左上腕が痛む前に力を抜く癖のようなものがついてしまっていて、困ってます。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

そろそろ何とかしないとなぁ