暮らしのなかのねこ 

和布とダブルイニシャルステッチのペットボトルホルダー

遠州綿紬とリネンで和風のペットボトルカバー。

OとYを組み合わせたモノグラムを刺しました。

和か洋かどっちつかずな組み合わせ。

この紬はとにかく乾くのが早い!

手触りはざらっとしていて、手に張りついてくる不快感もなし。

生地そのものも軽くてハリがあり、ミシンでも縫いやすく形がきれいにでます。

リネンにダブルイニシャルステッチを施して、遠州綿紬と縫い合わせている
遠州綿紬に合わせて渋め配色のクロスステッチ

私の母は、着物道楽な人ですから実家にはたーんと着物があります。

古着から新しいもの、ウールや綿、正絹、染めに織りに何でもあり。

私自身も着物が好きで、買うことはないのですが展示会にちょくちょく足を運では、色々な着物を見てまわったりもしています。

でも、そういう着物たちは特別な日のためのものばかりで、普段の生活ではなじまないものばかりです。いいところもあるのだけど。

現代の暮らしのなかで、自分の作品の中に和布をとりこむならどんな感じだろう?

これは、そんな風に考えながら作ったペットボトルホルダーです。