ついつい食べすぎる発芽玄米 

お正月に届くふるさと便に故郷を想う

わたしと夫の実家は大分県、現在暮らしているのは茨城県。

猫暮らしをはじめてからは、年末年始に大分へ帰るのをやめました。

もし留守中に何かあったら?と気をもまなくてもいいように、外泊するときは1泊であっても、かかりつけの動物病院に猫たちを預けています。

年末年始は動物病院もお休み。

交通機関も混雑する時期ですから、大分へ帰るのは他の連休中にとなりました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

正月は家族そろって~ていうのは長いことしてないなぁ

わたしが大分で暮らしていた頃は、年末になると親族で集まって、餅つきをしていました。

家族がそれぞれ地方に散らばって暮らしている今となっても、その習慣は細々と続けていて、毎年つきあがったお餅を送ってくれています。

超ド級の田舎っぷり

今年もお待ちかねのふるさと便お正月バージョンが届きました。お餅以外に何が入っているかはお楽しみ。

福袋を開けるかのごとく、開封する瞬間はドキドキ!

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowo.png
エトヲ

最近の福袋はネタバレ多いよな

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

まぁねぇ、いらないものばかりだと次からは買いづらいもんねぇ

ラグドールがあんこ餅を気にしている
ラビはお餅が気になる

開封して一番に目に飛び込んできたのはごっつい大根。

そして、中くらいの大根、

さらに、細めの大根(スーパーで見かけるサイズ)。

夫のためのあんころ餅、あんこが苦手なわたし用のまぁるいお餅を発掘。

ガサゴソ、ガサゴソ。

切り餅もたくさんでてきた(大喜び)

また、大根でてきたー!今度は聖護院(大好物)

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoodoroki.png
エトコ

大根ざっくざく、笑

大分合同新聞の朝刊紙
毎日見ていたときは何とも思わないもの

大分合同新聞は懐かしの地元紙。ふるさと便が絶えたら見ることもなくなりそう……。こういうどうでもよさげなものも、遠くに離れていると嬉しかったりするのだ。

玄米餅と白いお餅がジップロックの保存袋に入れられている
玄米そのものより食べやすい?!

はじめてお目にかかる玄米切り餅。

粒々の見えるお餅、どうやって食べればいいのかな。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokooishii.png
エトコ

このあと、焼いてのりに巻いて食べたら粒々してておいしかった!

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowooishii.png
エトヲ

あんころもちもうまかったなぁ

丸いお餅と切り餅が置かれている
ぺろりと食べちゃうお餅たち

わたし、とてもお餅が好きなんです。

凝ったものを作るわけではなくて、ただ焼いただけのお餅にのりを巻いて食べるのが好きすぎて、実家暮らしのときは毎朝5個ほど食べて出勤してました。

今年も「どれくらいお餅ほしい?」と母に聞かれて、

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoureshii.png
エトコ

たっくさん入れといて!!

と答えたんですが、本当に山ほどのお餅が入ってました(笑)

大根、聖護院かぶ、切り餅にあんこ餅がテーブルに置かれている
盛りだくさんのお野菜とお餅

今年は白いお野菜とお餅たっぷりのふるさと便でした。

箱からひとつ、またひとつと野菜やお餅を取り出す作業は、遠く離れた故郷で暮らす家族と話しているかのよう。最近は、楽しさのあとに、もの寂しさを感じる年ごろになってきました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowoegao.png
エトヲ

山に帰りたいって言ってたよな

父と妹が作った、たっぷりの山の恵みを感謝しながらいただきます。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokogood.png
エトコ

お米と農作物はメルカリで販売してる

ラグドールが空き箱を掘っている
ここ掘れニャンニャン

ファムの姿が見えないなぁ、と思っていたら、おとなりで箱を掘っていました。

何があるのだろうか……。