ついつい食べすぎる発芽玄米 

ダンボールな猫の爪とぎを可愛くおめかし|マスキングテープ、クラフトテープ使用

マスキングテープを巻いた爪とぎの上に座るラグドール

ダンボールで作る猫の爪とぎはちょっと不愛想。

そのそっけない横面がよろしい、

というわけではなく装飾するという発想がなかっただけなんです。

手作り爪とぎを使い始めて10年経ち、もうすっかり見慣れてしまっていたのだけど、改めて写真でみるとダンボール感満載で。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowo.png
エトヲ

ダンボールで作ってんだから、そりゃそうだ

もう少しインテリアになじませることはできないかと、手持ちのテープを巻いてみることにしました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoureshii.png
エトコ

所要時間3分、ただ巻くだけで素敵になったよ!

シンプルに横にぐるっと巻いただけでも、ダンボール感がうすーくなったような。

テープによって巻きやすさや、質感に違いがあったのでメモしておきますね。テープで巻くときの参考にどうぞ。


巻いて楽しむ
猫の手作り爪とぎ

今回、爪とぎに巻いたのは以下の3種類。

  • チェックのクラフトテープ
  • ボーダー柄のクラフトテープ(シールのような質感)
  • マスキングテープ

貼りやすいのはマスキングテープ

巻きつけながら貼りやすかったのはマスキングテープです。

わたしが持っているマスキングテープは伸縮するため、カーブしている丸型の爪とぎに沿わせて貼りやすい。

貼るときにゆがんでしまっても、はがして貼り直すことができるため、失敗しにくいのもうれしい。

伸縮しない素材のマスキングテープはクラフトテープと似た貼り心地かもしれません。

クラフトテープは伸縮しないため、カーブしている面に貼るのはちょっと難しく感じました。ストライプ柄など直線で貼るなら簡単です。

クラフトテープは一度貼ると、はがすときにダンボールも一緒にメリメリはげてきます。ゆがんだときに修正しづらく、無理にまっすぐに戻そうとするとシワができます(できました)。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

柄があるからシワあっても目立たないけどね~

テープ素材による違い

テープの素材によって雰囲気も変わります。

マスキングテープはマットな質感でインテリアになじみやすい。

クラフトテープのつやのあるタイプは、明るい場所で見ると光がテープに反射して少し浮いてます。

クラフトテープのつやのないタイプはシールに似ていてポップな感じです。


おわりに

デコレーションといえば他にリメイクシートなどもありますが、もっと簡単なのがよくてテープを選んでみました。

柄や色についてはインテリアや好み合わせて。

個人的にはグレーがどんなインテリアにもなじむのではないかと思っています。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokogood.png
エトコ

猫に合わせるのも素敵だね!

猫たちが乗っているところを想像してテープの柄を選ぶのもいいですね。

キジトラには赤、サバトラには青やピンク、ラビやファムには無彩色が似合いそう。これはもう完全にわたしの好みです。

マスキングテープや柄入りクラフトテープをお持ちなら、ぜひ猫の爪とぎに貼って楽しんでみてはいかがでしょう。