暮らしのなかのねこ 

コーヒー粉の豆袋

鼻を近づければ、ほんのり香るくらい。

朝食が和食でも洋食でも、朝の飲み物は牛乳たっぷりのコーヒー。

コーヒーの香りは、寝起きの不機嫌気味な心と身体をほぐしてくれます。

冷蔵庫で保管しておいた焙煎済みのコーヒー豆を、フライパンでもう一度軽く炒って温めて、あとはミル付きのコーヒーメーカーにおまかせ。

朝はゆっくり豆をひいて、ちょろちょろドリップなんてできないけれど、少しでもおいしいコーヒーが飲みたいとなれば、やっぱりフライパンでしょう。

冷蔵庫からそのままよりかは、少しは香りがよくなります。

大量にでるコーヒーの出し殻は、カラカラになるまで天日に干して、端切れで作った小さな巾着にいれ、臭いの気になる場所に吊るしています。

端切れがないときは、着なくなって解体した洋服の切れ端などを使うことも。

糸も新しいものはもったいないから、使い残したレース糸を使う。

古くなった豆袋は、生ゴミを捨てるときにに一緒に入れています。

あと、豆袋にはいりきれなかった出し殻も生ゴミと一緒に処分します。

捨てる前の、ちょっとひと手間なのですが、豆袋効果はなかなかのもの。

おひとつ作ってみませんか?