暮らしのなかのねこ 

冷蔵発酵、その後

ほぼ同じ分量、水温、捏ね時間、捏ねあげ24℃で仕込んだ生地を冷蔵庫(庫内4℃)にいれたのが、昨夜の21:40。

翌朝7:55の時点で、1.06倍膨らんでいました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

0.06倍……

ほとんど発酵していませんよね。

どうも庫内2~3℃は低すぎたようです。

そのまま冷蔵庫では発酵が終わりそうもなかったので、室内の暖かいところ(17℃~20℃)に置いて、様子をみてみました。

温度の上昇とともに、生地の下のほうに溜まっていた小さなガスがプクプクと上昇しだして、生地がゆっくりと盛り上がっていくのを見ていると、ちいさな幸福感もゆっくり広がっていくようです。

きっと、自家製酵母を育てていると、この幸せに感じる気持ちも、もっともっと膨らんでゆくのだろうなぁ。

酵母を大切に思う気持ちが何となくわかる気がします。

待つこと3時間半、11:20頃には約2倍に膨らみ、発酵完了としました。

さて、今回はいつもの倍量の生地を仕込んで、半分はリュスティック、残りはピザにしました。

レシピはいつもの「ゆっくり発酵パン」より基本のリュスティックです。

リュスティックは、しっとりもっちりとしたクラムで少し食べにくく感じました。

お味はというと……

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoQuestion.png
エトコ

いつも焼いている方法のほうがおいしいような?

温度が低すぎて冷蔵発酵の意味があまりなかったのかもしれません。

通常、何度くらいでどのくらいの時間をおくのか、冷蔵発酵のメリットなど、もう少し調べてから、再挑戦してみようかと思います。

ピザはどちらも満足のいく焼きあがりで、夫にも好評でした。

今回はいつもと違った焼き方を試してみたのですが、これが大成功。

長くなりそうなでので、ピザについてはまた明日♪

参考レシピ