暮らしのなかのねこ 

ちょっとそこまでの小ぶりな麻ひもバッグ

ずっと編んでみたいと思っていた麻糸で作ったバッグ。

寒い間は麻糸を触る気になれず、暖かくなってきてようやくできあがりました。

編みあがってすぐはふにゃっとしていて頼りなかったのだけど、一度洗って軽くアイロンをあてると、目がキュッとしまっていい具合におさまりました。

くったりとしてチクチクもせずよい手触りなのですが、重いものを入れると伸びそう。

裏布をつければ大丈夫かな?

麻ひもとかぎ針で編んだ小ぶりなバッグを洗って陰干ししている

本の通りに作っていればコロンとした形になるはずだったのに、間違えに気づいたのは糸始末を終えた後。

段数を数え間違えてしまって、少し縦長になってしまいました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

ま、いっか

段数増えた分いっぱい入るし

ハンドタオルが3枚はいるくらいのチビサイズです。

着なくなった服を小さくカットしたもの(ウエス)を入れて、すぐに使えるよう台所につるしてます。

もう少し飾り気がほしいところですが、これといって思いつかないでいるので
当分このままかな。


編み図と使用糸

おしゃれな感じのする作品が載ってます。持ち歩けるものからインテリアに添えるものまで。ちょっと変わった麻ひもの編み方が掲載されてます。

使用糸は、 毛糸ピエロのエスニックジュートとRC-1の2本取り 。

太目の糸で編むと丈夫ではあるけれど、重さが気になるし、細めの糸では型崩れが気になる。バッグに合った糸選びって難しいですね~。