暮らしのなかのねこ 

下書き不要いきなり刺せる刺し子のふきん|元からある線を利用してつくる

使い古したふきんを使って、刺し子の練習中です。

針目を揃えつつ線がぶつからないように刺していくのは、思っていたより難しい。

刺し子というと、まずはチャコペンと定規で線を引いたり、図案を移したりしますよね。

今回はその作業をすっ飛ばしていきなり刺し始めました。

それができたのは、このふきんに最初からプリントしてあった線を使ったから。

刺し子の練習用にわざわざ材料を買うのもどうか思って、まわりを見渡して見つけたちょっとボロになったこのふきん。

失敗してもすでにボロですから、使ってしまえば気にならないかと。

ふきんに元から印刷されている線をそのまま使って刺し子をしている
本を見ながらなんとなくチクチク刺してみた

よたよたとしていた針目も、終わり間近にはなんとか整ってきました。

ほつれ始めていたふきんを使ったのですが、刺しあがりは布に厚みがでて心持ち丈夫になったような気がします。

きちんと図案を写したものも

爽やかな配色で刺した、七宝つなぎの花ふきん。

こちらは本からコピーした図案をチャコペンで写して刺しました。

刺し子って、刺しはじめてしばらくは模様が見えてこないから、間違えているかがわかりづらいんですね~。

できあがった花ふきん、まだ少し肌寒い日が続いていますが、 たまの汗ばむ日でも冷蔵庫で冷やして使おう。