チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

いつも飼い主にくっついている猫

作業テーブルで何かしているとしょっちゅうおじゃま虫が飛んできます。

テーブル上で何が行われてるかなんてまーったく気にしない。

もぞもぞ何かしていると5.5kgの物体(ファム)が ドカッ‼‼ といきなり飛び込んでくる。

当然テーブルが揺れ、手元が揺れ、ペン先も揺れる(はみ出す)、針先も揺れる(指に刺す)、私の心なんて揺れまくり(😂ヤメテー)。

ごくたまにミシンに返り討ちにあって落下することもあるんですが、そこは諦めの悪い猫らしく反対側に回ってまたジャンプっ!成功するまでは何度もジャンプっ!なんでそんなに気になるの、と笑えてくるぐらいテーブルに飛び乗りたがります。

作業テーブル横に猫ベッドを設置

そこで考えた飼い主(私)、テーブルの横に猫用籠を設置。
籠はリビングに置いていたものを持ってきました。籠のなかには踏み心地のよいふわふわブランケットを敷きこんで眠りに誘導する作戦です。

テーブルまわりをウロウロし始めたら、一旦こちらに入ってもらう。自発的に入ることもあれば、抱っこして入れることも。
しばらく「よーし☺よしよしよし」とやさし~くナデナデしてあげて、目がとろんとしてきたら作業再開の手順で対応することにしました。

なでるとそのまま寝てしまうこともあれば、むくりと起き上がって何かしたそうにこっちを見てることもあって、そんなときは猫の手を貸したくてたまらないようす。

とりあえず、いきなりテーブルが揺れるよりはましので、手間はかかるけどそれなりに問題は解決しました😊

猫の手を貸したがる猫

それなりにしか解決できなかったのは、新米にゃんこ(ファム)はお嬢にゃんこ(ラビ)と違って、なんでも飼い主と一緒にやってみたい性格の猫だったから。

猫によって性格が違うように、飼い主との距離の取り方もそれぞれ。

ラビは飼い主と一緒の部屋にいられれば満足なようで、部屋を移動すると一緒についてくるけど、くっついてなくてもOK。

ファムはまだ子猫(?1歳半くらい)らしく何にでも興味津々で、作業をしている様子を見ては手を出したがります。作業テーブルにジャンプするのもファムだけ。現に今もこれ⬇飼い主が何してようがお構いなし。猫たんぽ状態でぬくぬく~😊

ブログを書いていると大体いつもこの状態になるんですが、これを見た夫が笑うんです。

「猫が両腕にのっかてるのに、平然とタイピングしてるのが笑える。しかもタイピング速度が落ちてないのもすごい。」だそうで。

モフモフが気持ちよすぎて若干ウットリ状態ですけど慣れですかね。
でも、なぜかせっつかれてる気分。

いつもの風景

作業テーブル横の猫籠に入っても眠くないときはこんな感じ。

毎度、同じパターンになるのがわかってるけど、塗りやすいように配置してあるグッズは動かせないし、しょうがない。

じぃ~と見つめられて、視線に気づくもなんとな~く作業を続けてると…

ブランケットでふみふみ、寝る準備を始めたのかな~?て様子をそっと見ていると

いきなり猫の手がっ!

いやっっ、今は色々いっぱいだから寝てても大丈夫だよ~。

飼い主の声を受け流しつつ膝にしれっと乗っかってきて、お隣の猫籠をのぞき込むファム。

そこは猫の手、足りてるみたいだよ?☺

しばらく膝の上でふみふみしてからリビングのほうに遊びにでかけていきました。