ついつい食べすぎる発芽玄米 

水彩色鉛筆と筆を使ってぬりぬり

『ひみつの花園』の名前を書き込むページの塗り絵

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoprof.png
エトコ

ひみつの花園、3作目塗り終えたよ

すっとばしていた表紙2ページ分、まずはお名前ページから。

数日前に完成していて晴れの日待ちで、ようやくアップできました。

見開きページの印象が強烈で、こちらのページとこのひとつ前の1ページ目を塗ることができると思っていませんでした。

まだまだ思うようには塗れず、こんな風にしたいというイメージも湧いてこないので、最初の見開きページはずいぶん後に取り掛かることになりそう。

今回は水彩色鉛筆を水で溶きつつ使ってみることに挑戦!

全てのモチーフを水彩筆でぼかし気味にし色付けしてるんですが、全体写真ではわかりづらいかな。

水筆は持っていないので、水彩筆2本を使いました。

そういえば、水筆によく似た形状で洋裁のチャコ消しに使う消し筆というものを持ってます。これ、そっくりな作りなので水筆と同じように使えるのかもしれませんね。(出してみたところ、筆先が割れていて使うのは無理そうでした。広い面積にべた塗りならどうかな……?)

こちら上画像はカラト56 light oliveをベースに塗って水筆でなぞった後、軽く湿った状態で2色のせたもの。

濃くはっきりと発色しています。

コピー用紙で試したところ、水分量が多すぎると紙がやぶけてしまうので注意が必要。

こちらは画像は、上と同じベースに2色をのせて、水筆でなぞってぼかしたもの。

ぼかしすぎると色が薄くなりすぎるので、ほどほどに。

もし水溜りができたらなら、水分を拭った筆で吸い上げるときれいになります。

どちらも乾いた後にうっすらlight oliveをなじませてます。

こちらのチューリップ(?)が一番のお気に入り。

パステル風に使っているのは水彩色鉛筆の芯を削ったもので、メイクチップで伸ばしました。

ちょっとした発見もあったので、それはまた次の記事で。

これってつぼみですよね?

最初、葉っぱかと思って危うく緑で塗りつぶすとこでした。

遠目で見たら葉っぱにしては形が微妙、質感も何か違うような……?で慌ててピンクを加えた結果、意外とよい感じでおさまってくれました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoase.png
エトコ

消しゴムでも消えなくて焦った~

ひみつの花園ではよく出てくるこのお花。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

スーパーマリオのパックンフラワーに見える

このとげとげが牙みたいに見えて怖いんですよねぇ。。。

とげとげ部分をどうしてよいかわからず、今回同色で塗りつぶしてみたものの、やっぱり変。

水彩色鉛筆の塗り方をなんとなく思い出してきて、楽しくなってきたころに終わってしまった今作。

次に水彩を使うのは1ページ目の予定なのでもう少し先になりそうです。

次は「ねこと花もようのぬり絵ブック」を進めてます。

こちらはこちらで、また、なんというか……肩こりと格闘してます(笑)