ついつい食べすぎる発芽玄米 

花は花瓶に活けなくてもいい、キャンドルホルダーを代わりに使う

先月初めに誕生日を迎えまして花束をいただきました。

いくつになっても花束を贈られるのは嬉しいもの。

華やかなアレンジメントを数日間楽しんだあとは、花瓶へ移して部屋のあちこちへ飾りたいなぁ~とは思うものの、部屋の中は猫たちの標的にされてしまう。

猫には危ないお花もあるかもしれないから、できるだけ見つからない場所を探して玄関の棚に置くことにしました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoihihi.png
エトコ

高さもあるしここには飛び乗れまい

普段は見えない場所だけど、外出するときや帰ってきたとき、ちょっと気持ちが急いてるときに花が目に入るとほっと力が抜けていい感じ。

kiviとカステヘルミのキャンドルホルダーにガーベラなど花を活けている
kiviとカステヘルミのキャンドルホルダーに花を活ける


花瓶はいくつか持っていたなかから厳選してひとつだけ残し、あとは手放しました。

大きな花束を頂くことがないため、ひとつあれば十分に足りるのです。

残した花瓶に入りきれない分をKivi(マットフロスト)とカステヘルミのキャンドルホルダー(フォレストグリーン)に活けています。

どちらも花の色を損ねない風合いで花瓶として使うのにぴったり。

フォレストグリーンのカステヘルミは廃盤色で残りわずかになってきたようです。

来年はどんな色たちが追加されるのか、楽しみに待つとしましょ。

あたしもとってー!のお嬢ちゃま猫。

視線もばっちりこっちに向いてるんだけど・・・

ごめんよピントはお花に合ってたみたい(笑)

あにゃたはまた次回にでも!