過去記事の見直し作業中です

ふわふわライ麦食パンを焼きました

Sweet Country*さんの『ふわふわライ麦食パン』のレシピを参考にして手捏ねで焼いてみました。

参考 ホームベーカリーで作るおいしい手作りパンレシピSweet Country*

手ごねでは手ごわい生地

パン作りメモ
  • 天気は曇り
  • 室温は寒くもなく暑くもなく
  • 使用材料は、春よ恋、きび砂糖を甜菜糖へ変更、ドライイースト4g、水は36℃のぬるま湯170ml
  • 一次発酵40℃で20分
  • ベンチタイム10分
  • 二次発酵40℃で15分オーブンから出して約10分
  • 190℃で余熱して、190℃で13分焼成

捏ね時間は30分ほど。
う~ん、ちょっと時間がかかり過ぎですかね💦

べたつきが激しくなかなかまとまらないので、たたきを入れながらレーズンなどを揉み込む要領で手の中で揉んで捏ねました。
これまで経験したなかでは、一番のべたつき度。

一次発酵後の生地はしっとりふっくらで扱いやすかったのですが、やや不安になるほど軟らかく、ふわふわしていました。
戸惑いつつ無難に丸く成形して二次発酵へ。
焼成後は、手に取るとぺしゃげてしまうほどふわふわでした。

1時間半ほど冷まして、ブルーベリージャムと柚子ジャムを添えていただきま~す😋

ふわんふわんの食感だけど…

食感はふんわり~~🎶、よく膨らんでいて綿菓子でも食べているようです。

味は少しコクがあり、ジャムとよく合っていました。
ただ、捏ねすぎたのか、いつもなら鼻の奥でふわっと香る小麦の風味がどこかへとんでいってしまったようです。

もう少し表面がぱりっとして香ばしい方がこのパンの風味に合うような気がしたので、焼成温度200℃でリベンジ決定。

次回の捏ねはホームベーカリーにお任せしましょう。
今回は捏ねるの、本当に大変でしたもの。

そういえば、パン教室の先生が、「スキムミルクを加えた生地はすごーくべたつくから、水温は高めにね」とおっしゃっていたような・・・?🙄うろ覚えです。