過去記事の見直し作業中です

もう一度、ふわふわライ麦パンを焼きました

前回の反省点をふまえて、Sweet Country*さんの『ふわふわライ麦食パン』をもう一度焼いてみました。

ふわふわライ麦食パンを焼きました

焼きあがって45分後に、1つはチキン南蛮サンド、もう1つはブルーベリージャムでいただきました😋

朝早くから起きていたので、もう、腹ぺこ!
こんな時はいつもの味が数倍おいしく感じますよね🎶

前回のほうがおいしかった?!

待ちに待った朝食パン、大きくお口をあけてパクリと頬ばりました。

・・・ ・・・ おや?

思っていたのとは少々味と食感が違うようです。もう1つも食べてみましたがやはり違います。
前回焼いたパンの方がおいしくできていました。

味はよいのですが、あまりにふわふわ食感でしたので、この丸いパンの形にはでは何やら違和感を感じます。

焼き上がり後は、どんっ‼黒いっ(笑)

パン作りメモ
  • 天気は、雨
  • 室温は、半袖ではやや肌寒いくらい
  • 使用材料は、春よ恋、きび砂糖を甜菜糖に変更、ドライイースト4g、水は常温で170ml
  • 一次発酵まではホームベーカリー(以下HB)におまかせ
  • ベンチタイム15分
  • 二次発酵40℃で15分オーブンから出して約10分
  • 200℃で余熱して、200℃で14分焼成

今回の反省点

このレシピはHBの食パンコースではとてもおいしく出来上がるようです。

次回は、素直にHBで焼いてみましょう。
というより、まずHBで焼くのが順当でしたよね。

前回との相違点と反省
  • 一次発酵後にHBから取り出した時点で前回以上にふわふわで、丸めづらかった
    →乾いたさらしやキャンバス地で水分をとってみればよかったかな
  • タイマーセットを忘れてベンチタイムが長すぎた
    →タイマーを忘れていないかしっかりチェックする
  • 成形時の丸め方がゆるかった
    →焼きあがったパンを割ったときに、大きな空洞ができてしまっていた
  • 焼成後、パンの側面がややしわしわになってきた
    →アルコール臭いはしないものの、やや過発酵気味だったのかも
  • 温度が高すぎたのか、ややてっぺんが黒くなってしまった
    →200℃で余熱、190℃で焼成くらいで焼いてみる