チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

猫の健康管理ノートを習慣づける方法と簡単な書き方

飼い猫の健康管理ノートは作っておくと何かと便利です。

とはいえ毎日記録するとなると億劫…。

わたしがそうでした。

習慣になってしまえば、何も考えずに記録することができるようになりますが、始めた頃はそれもなかなか難しい。

この記事では、記録する習慣をつけるための4つのコツと、何を記録しておくとよいのかについて書いてます。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-egao.png
エトコ

最後に『わが家の場合』の実例もご紹介

コツ1.初めての健康管理ノートはシンプルなものを選ぶ

初めて健康管理の記録をつける人におすすめしたいのは、小さめでシンプルなスケジュール帳(ノート)です。

もらいものがあれば、それで十分。

最初からお気に入りのものを探すより、どれくらいの書き込み量があるのか、記録をはじめてみてから買うのがよいでしょう。

いきなり凝ったノートを使わない。

これがひとつめのコツです。

きれいなノートにきれいに書かなければ!という気負いが続かない原因だったりします。

習慣ができるまでは、ちゃちゃっと走り書きできるぐらいのノートがいいんです。

今月初めにロイヤルカナンのキャットフードを購入したとき、2019年スケジュールブックがおまけでついてきました。昨年の12月ごろから配布されていたようです。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-egao3.png
エトコ

これくらいのが使いやすいよ!

ロイヤルカナンのスケジュールブックは、A5よりひとまわり小さいサイズで、ペット用シール付き。

見開き年間スケジュールと見開き1ヶ月のページがあり、豆知識や病歴・ワクチン接種の記録用、メモ用のページが用意されてます。

ビニールカバーが被せてあるので、内側に診察カードを挟んでおるのは便利です。

ロイヤルカナンのスケジュールブックは、ほどよいくらいのコンパクトサイズ。

書き込み欄が小さすぎず、病院へ持って行ったり、フード置き場においておくのにも邪魔になりません。

コツ2.猫の健康管理ノートの必要性を知る

差し迫った危機でもない限り、記録を続けるのは難しいものです。

なぜ、毎日の記録が必要なのか?理由を知る。

これがふたつめのコツです。

過去の自分は、毎日の記録がどんなに大切なものかをわかっていませんでした。

猫たちは大事な存在だけど、毎日記録をつけるのは面倒だなぁ~と思っていました。

ねこ暮らしを始めてから何年も記録をつけておらず、のちに大きな後悔を経験しました。

思うままの刺し子とペットロスの記憶

猫に一大事があってから後悔しても遅いので、やることはやっとくに限ります。

猫のためであり、自分のため(ペットロス対策)にもなります。

毎日の記録は、猫の様子がおかしくなった時の原因を探るのに役立ちます

ケガの場合は見た目にもわかりやすく、異変に早く気がつくことができますよね。

困るのは、

ぐったりしていて具合が悪そうだとか、

最近よく吐いていて何かがおかしいけどわからない…なんてとき。

動物病院へ連れて行ったはいいけれど、毎日見ている飼い主が「なんとなくおかしい」と言うだけでは、獣医さんも手こずるでしょう。

現状を言葉でうまく説明できなかったとしても、記録しておいたノートを見せることで、最近の猫の様子を詳しく伝えられます。

猫の状態とノートの記録を照らし合わせて、治療の方針を決めることもあります(実際ありました)。

あと、医療以外でも記録しておくことで、飼い猫の問題行動の原因を突き止めることができたりすることも!

猫がいきなり粗相をはじめたり、気が荒くなった、などの変化には何らかの兆候があったはずなのです。

毎日の記録のなかに、解決のヒントが隠れていることがあります。 記録しているときには気づかなくても、後から見直してみると分かることもあるものです。

コツ3.猫の健康管理ノートはすぐに書ける場所に用意しておく

ノートは、キャットフードとキッチンスケール(はかり)のすぐ横に用意しておきます。

鉛筆と消しゴム、鉛筆削りもセットにして、すぐに書けるようにしておくのがポイント。

猫にごはんを出したら、すぐその手でノートに書きこみます。

猫にごはんを出すメモする、を一連の流れにしてしまう。

これがもっとも大切なコツです。

”ついでに~”の流れをつくること、これが大切なポイントです。

コツその1、2をすっとばして、ここ以降をおさえておけば習慣化できます。

コツ4.猫の健康管理はノートに記録する

スマートフォンにメモしておくのもよいのですが、記録者が複数人の場合、不便に感じている人がいると続かなくなります。スケジュールを共有管理していてもです。

うちでは夫婦2人で記録しているので、必要な時にサッと書き込めるノートを使ってます。

スマホだと手元にないときは「あとで入力しとこ…」と後回しになり、そのまま忘れてしまったり。

また、獣医さんと一緒にデータを見るのであれば、紙のノートが見渡しやすい。

スマートフォンの画面は、自分以外の人に前後する時期の部分をパッパッと開いてみせるのには向きません。

健康管理ノートに記録する項目

記録しておくこと
  • 毎日の食事量とフード名
  • 週に1度の体重測定値
  • 嘔吐など、いつもと違う行為

毎日の食事量とフード名

食事が1日2回の場合は、朝20g夜20g、と分けて記入しましょう。

いつどれくらい食べたのかがわかれば、食べなくなったときの原因を見つけやすくなります。

フードの名前は略称を決めて記入します。

例えば、

ロイヤルカナンラグドール用であればRD。

ロイヤルカナンペルシャ用であればRP。

ページの空いたところに”JS=ロイカナ腎臓サポート”などと書いておけば、誰が見てもわかりますね。

わたしは、時間と略称とグラム数で記入してます。7:00RD15g、18:00RD15gというふうに。

週に1度の体重

ペット用の小さな体重計もありますが、うちでは人が猫を抱えて体重計にのって測ります。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-taki3.png
エトコ

たまに自分の体重みてギョッとするんだ~

きっちり正確でなくて、大体でもよいそうです。(かかりつけの獣医さんに聞きました)

特にダイエットもしていないのに、1週間で200g(猫体重の5%)以上減っていたら、とりあえず病院へ連れて行くようにしています。

1ヶ月で10%減っていたら、とも聞きますが、重大な病気の場合は1ヶ月も様子をみるうちに悪化することもあるので注意が必要です。

嘔吐など、いつもと違う行為

どんな些細なことでもよいので、気になることがあったらメモしておきましょう。

例えば、

換毛期がはじまったかも、

毛玉ができやすい、

目やにが増えた、

耳元にひっかき傷、

お口から変なにおい、

など気づいたことはなんでも。

猫は嘔吐が多いです。それでも1日に何度も吐いたり、連日の嘔吐は普通ではありません。

いつ、どのタイミングで何を吐き出したのかは、必ずメモしておくとよいですよ。留守中のときは、「〇時~〇時の間に吐いた」など大体でも大丈夫です。

健康管理ノートと一緒に保管しておくとよいもの

保管しておくと役立つもの
  • ワクチン接種の証明書
  • 血液検査の結果
  • 診察料の領収書

ワクチン接種の証明書

最も新しい1年分だけとっておけばよいです。

賃貸物件や分譲住宅に住む場合、提出を求められることがあります。

動物病院を変えるときにも必要になるかもしれません。ワクチン接種を受けていない猫の宿泊はお断り、という病院やペットホテルもあります。(そこに通院している他の動物に感染させないようにという配慮からです)

血液検査の結果

猫それぞれの体質がわかるのが血液検査の結果です。

動物病院を変える時は、念のため持参しておくと獣医さんの助けになるのではないでしょうか。

診察料の領収書

ペット保険に加入している場合は、請求漏れがないかチェックするために保険適用期間のはじまる日から1年分はとっておきましょう。

窓口清算のペット保険に加入していても、念のためとっておきましょう。

健康管理ノートの保管期間は3年

直近3年分ほど残して処分します。

加齢による体調の変化や、体質をみるのにもおおよそ3年分ぐらいあれば十分です。

猫の3年は人の10歳にあたります。人も10歳違えば体調の変化もそれなりにありますよね。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/mine-iu.png
エトヲ

おっ!ラビはもう50歳くらいなんかぁ

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-egao.png
エトコ

乙女にしか見えないね(うらやましい…)

最後に、記録のススメ

猫を家族の一員としてお迎えしたなら、ぜひ健康管理に気を配ってあげてください。

猫と暮らすのはとても楽しく、言葉の通じない生き物だということをうっかり忘れてしまいそうになります。

毎日、猫の様子を記していると、猫の気持ちがなんとなくわかってきます。

そうなれば、よりいっそうねこ暮らしが楽しくなりますよ。

ラグドールがこちらを向いている家族でつける猫の健康管理ノート~うちの場合~