過去記事の見直し作業中です

糸始末の悩みついでに・・・

昨日から今日にかけてずっと悩んでいた2色使いの糸始末。

「TATTED FASHION」に掲載されている小花をつなげたモチーフでコースターを作ろう!と思ったのが一昨日。

程なく小さな小花がひとつ完成したものの、糸始末の部分がきれいに収まらずモコモコしていました。

このままではモコモコが邪魔でカップが安定せず、コースターとしては使いづらそうです。

「どうしましょう?」と本棚をひっくり返して辞書を片手に頭をひねっていました。

いつもの糸始末の仕方

このチャートは、真ん中からリング→チェインを繰り返すと小花ができます。

リングとチェインを1色で作る場合は、2本の糸端をしっかり結んで目に入れ込む方法で糸始末をしています。

リングとチェインを別の色(2色)で作る場合は、4本の糸端を2本ずつ結んで目に入れ込む方法で、リングと同じ色の糸端をリング、チェインと同じ色の糸端をチェインに入れ込んでいました。

すると・・・リングとチェインの四方に糸端を入れ込んだところの目が歪んで目立ってしまう。

いろいろな糸始末の仕方

とりあえず、和書と洋書で紹介されていた糸始末を片っ端から試してみました。

ふむふむ。。。🤔思っていた以上に、いろいろな方法があるのですね~。

糸始末の方法
  • 最初のリングの芯糸に糸玉の端を添わせて結び目の中にしまう方法
  • 針を使って目を作っていく糸始末(糸始末部分のみシャトルを使わないタティング)
  • 最初に2色をしっかりと結び合わせてから、最初のリング→チェインに結び目を隠すようにして結んでいく方法
  • しっかりと結んで、ボンドで貼り付ける方法
本によって様々で、これといってきまりはないようです。

あまりお洗濯をすることのないドイリーであれば、結び目を作らずに針でタティングをして糸始末(La Frivolite DENTELLE AUX NAVETTESに掲載)がおすすめだと思います。

画像で説明されている本の通りにすると、どこで糸始末したのかがわからないほどきれいに仕上がります。

今回作ろうと思っているのはお洗濯回数の多いコースター。
使っているうちにほどけてきては困るので、あれやこれやと迷った挙句、無難に1色で作ることにしました。

レース糸比べ

いろいろな糸始末を試すついでに、手元にある数種類の糸を使ってみました。

参考までに画像をアップしますね。

それぞれの糸に特徴があるのですが、説明していると長くなるので色味の違いや結び心地などは詳細は省略します。