過去記事の見直し作業中です

七夕の日に

7月7日の正午過ぎ頃

ピィーーンポーーン

「郵便局でぇ~す!ポストに入らないお荷物が届いてますよぉ~!」

押し込みすぎのインターホンに、力の抜ける郵便配達員さんの間延びした声が響いてきました。

「なになに」と受け取った荷物の宛名を見てびっくり。

ただ今作っているブックカバーの贈り先、Yちゃんからのお荷物でした。

嬉しい贈り物

夏の香りのする小さな籠には、Yちゃんのセンス溢れる手作りオブジェが2つ。

それらは窓辺に吊るして楽しむもので、お天気のよい日には神秘的に輝く様子がさぞ美しいことでしょう。

お天道様が顔を出した折にでも写真を撮って、お披露目しましょうか。

とても嬉しくて、ひとまず夫に見せびらかして(子供じみてます)、オブジェは窓辺へ、小さな籠はレース用品を入れて使うことにしました。

Yちゃんの心づくしの贈りもの、しっかと受け取りました。
Yちゃんへの贈りもの、今週中には仕上げられるようがんばろう。