過去記事の見直し作業中です

手作りうどん

手作り麺はもっちもちのこしがあってうまいっ!
他はいつもと同じレシピなのに、麺だけでここまで印象が変わるとは思ってませんでした。

ゆっくり時間をかけて作るの大変に感じるけど、たまにはいいもんです

うどんは家でも作れる

朝食後、妻がホームベーカリー(以下HB)で生地を作り、夫がパスタマシンで麺のかたちに整えて冷蔵庫で寝かせること9時間。

大きな鍋にたっぷりの湯を沸かして麺を茹で、好みのゆで加減になったら氷水にざっぷん!

じゃぶじゃぶ流水ですすいで、よく水を切って器へ。

鶏と昆布で旨みたっぷりのスープをとって、お醤油とみりん、砂糖で少し甘めの味付けに。

大葉のスプラウトを散らして、はい、手作りうどんの出来上がり🙌

うどん作りに便利だった道具たち

今は色々と道具が揃っていますが、本当にうどんが作れるの?と半信半疑の頃はパスタマシンや文化包丁(20cm)などなく、2時間ほどかけて麺棒とペティナイフ(13cm)で頑張ってました。

うどん用の生地はパンと違ってかたくて伸ばしにくくて。
均一に伸ばすのに苦労していたんですが、パスタマシンのおかげで作業がグンと楽になりました👍
といっても、私は生地を捏ねるだけ(しかもHB)なので、実際楽になったのは夫ですが。

夫が麺作りをしている間に、私は生姜と蜂蜜でジンジャエールを作っていました。

パン捏ね台は、パスタマシンで麺状になった生地をほぐすのに使ってます。

この上で刃物は使えないので、生地を包丁で切ったりするのはまな板で。
まな板と違って広いので、よほど長い麺でない限りはみ出すことはありません。

切った麺は打ち粉に片栗粉を使ってほぐして、ぴっちりとフタのできるホーロー容器に入れて冷蔵庫へ。
一晩ほど寝かせるのがよいようです。

とはいえ…そこまで待てないので、9時間ほどで食べてしまいましたが、コシがあって、粉の味もして、本当においしい。

うどんのレシピは、うどん専用粉袋の裏についていたものを参考にしています。
うどんを冷蔵庫に放り込んだ後は、

しゅわゎゎゎ~✨

のどごし爽やかな出来立てのジンジャエールで乾杯。
暑い日に一仕事終えた後のジンジャエールって最高にうまいっ😋💕