暮らしのなかのねこ 

家族でつける猫の健康管理ノート|うちの場合

ラグドールがこちらを向いている

今回は『わが家の場合』を例にご紹介します。

ノートをつけ始めたのは2014年の春からです。

始めた頃は小さなノート(手帳)に書いていました。書くのに慣れてくるとメモしておきたいことが増えてきて、今はA5サイズのルーズリーフを使ってます。

ノートを置いている場所は、記録を続けていくのにとても大切な要素です。

記録したデータをどんな風に見直しているかも書いてますので、よかったら参考にしてみてください。

前回は、猫の健康管理ノートについてまとめました 猫の健康管理ノートを習慣づける方法と簡単な書き方
https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

手軽に始められる市販のノートもあるよ。もくじでジャンプしてみてね!

健康管理ノートの置き場所

何度か引っ越しをしていますが、ノートの置き場所は常に決まってます。

記録する習慣を絶やさないようにするためです。

記録ノートセットの置き場

わが家にはラビとファムそれぞれに専用のケージがあり、横に並べて置いてます。

ちょっとごついのですが、災害時のことも考えて9年前に設置しました。大きめの揺れのときは、すぐさま猫たちをケージに放り込みます。

本体が移動するほどの大揺れがきても、中の猫たちにケガがないようにがっしりしたつくりのものを選びました。

このケージの上にホームセンターで買ってきた板をのせて、猫のフードとノート置き場にしています。

キャットフードを出したら、すぐその場でノートを開いて記録。気がついたことがあったら、このタイミングで記入しています。

健康管理ノートの内容

健康管理ノートの表紙の裏に、診察券や保険証、フードの比率表をクリップで留めてます。必要なものはここに揃っているので、病院へ向かうときはこのノートをバッグに入れればOK。

どんなに動揺していても、うっかり忘れないためのひと工夫。

夫が動物病院へ連れて行くときは「ノートごと持っていってね。」と頼めばよいので楽ちんです。

健康管理ノートを開いたところ

ノートを開いたらすぐに書きこめるよう、鉛筆と消しゴムもセットしてます。すぐそばに鉛筆削りまで。わたしは鉛筆が好きなので、他の書きやすいものでいいと思います。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

ペンでも鉛筆でもなんでもよいんだけど、フリクションボールペンはちょっと注意が必要だよ

フリクションボールペンはとても便利ですよね!ちょちょっと間違えを消せるのがいい。

過去に記録するのに使ったことがあるのですが、早いときは数か月後にメモしたものが消えていて焦りました。冷やせば文字が浮き出るんです。でも、出先で見たいところが消えていたら困るので記録ものには使わなくなりました。

実際、記帳しているノート

ノートを開いて、左はファム、右がラビのページです。時系列を合わせるため、左右が同じペースで埋まるように記入してます。

うちの食事時間は1日4回。高齢になるにつれて歯が悪くなり、食べづらくしていたおばあちゃん猫たちがいた頃の名残で、そのままの習慣が続いてます。

過去の記録と検査の結果、領収書は別のファイルに保管

1年に1度、古くなった記録分をネコログ(2穴ファイル)に移します。

記録の保管は3年分

年に2度の血液検査の結果や、ワクチン接種の証明書、診療領収書もここへまとめて保管しています。

3年以上経過したものは、ファイルから外して処分します。

血液検査の結果から色々わかる

かかりつけの動物病院では、血液検査の結果をプリントしてもらえるので、年ごとに比較しやすい。(画像では折りたたんでます)

このときはラビがあまり水を飲まない時期で、脱水気味になってないか心配で調べていた頃です。

猫の様子がおかしいときに見直す

ただ記録していくだけでなく、猫が不調のときには見直してます。

こちら は昨年(2018年)末、ラビがごはんを食べなくなった頃の記録です。

ノートでチェックして病院へ行くタイミングをはかる

12/25から3日間食事量が大きく減ってしまいました。

普段と変わらない様子で日中を過ごし、食べたそうにしているのに、フードを出しても食べきれない様子。その何日か前から急に毛玉が増えていて、「なんか変だ、おかしい。」と思ってました。

3日ほど様子をみて病院へ連れて行き、点滴をして、胃腸薬のお薬をもらって帰宅。(ラビ自身が)毛づくろいに頑張りすぎて、飲み込んだ毛で胃腸炎を起こしているんじゃないか、という診断でした。

その後は順調に回復して、あっという間に復活!

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoshock.png
エトコ

ラビ、神経質だからね、気をつけておかないと…

一応、近年の記録をチェックしてみる

こちらが2017年12月中旬あたりの記録。ほぼ同じ症状ですね。

ごはん食べなくなって、病院で点滴、毛玉吐き出すのパターン。

2016年、2015年のラビ記録ではなんともなく過ごしてたようです。

もともとの胃腸の弱さに、老化現象からくる内臓機能低下もあるのかもしれません。来年は12月に入ったころから、ブラッシングを強化しとくかな。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

こんな感じで、気になったら見直すの

余ってるノートでどうぞ

お片付けをしていて途中まで使ってたノートがでてきたら、飼い猫の健康管理ノートでも作ってみませんか。

過去の記録からある程度の予想ができていれば、突然の事態にも多少は冷静に対処できるはずです。

記録しているノートがあるというだけでも心強いものです。

もっと手軽に始められる市販のノート

自作しなくても市販のノートを使うと簡単。

本体サイズが 幅106×高さ153mm で、ロイヤルカナンのスケジュールブックと同じサイズです。

毎日は記録しないけど、気になることがあったときにメモできるノートです。

created by Rinker
手元供養 仏壇 仏具 メモリアル工房 響

こちらは写真ポケットがついていて、L判写真10枚収納できるようになってます。

どちらのタイプも動物病院を変える機会が多かったり、ペットホテルや他の家に預けるとき、またはペットシッターにお願いするときにも便利に使えます。