暮らしのなかのねこ 

ほっぺが落ちるモンキーブレッドを焼きました

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/mine-egao3.png
おサル1

わぁぁ!

きれいだねぇ、美味しそうだねぇ

https://etoko.net/wp-content/uploads/2018/12/toko-love.png
腹ペコおサル2

うぁぁぁぁ

はよ!早よ食べよ~

メタボ茶を片手にあま~いパンをつまむおサルが2匹。

このところホシノ天然酵母の砂糖とバター無しのパンばかり食べていたので、ほっぺが落ちるほどの甘いパンをウキウキとちぎる2人の姿はまさにおサルそのもの。

おサルたちがつまんでいるのは「Sweet Country*」さんのレシピを参考にして作ったモンキーブレッドです。

分割数が多すぎて乾燥生地に

トッピング用シロップの水をラム酒に、焼き時間を20分に減らしています。

丸型やクグロフ型で作るのが一般的ですが、今回は18cmのスクエア形を使いました。

ひとつづつシロップに絡める必要の無いレシピでしたので、25分割のところを36分割にしたのですが、これが思った以上にやっかいで。

ひとつずつ計りながらカットしなければならないので時間がかかってしまい、濡れ布巾をかけていても最初にカットしていた分が乾燥気味になってしまいました。

分割に10分ほどかかってしまったので、始めのほうに丸めた分はベンチタイム無しでよいくらいでした。

乾燥生地でもうまかった!

オーブンからシロップの焦げるいい匂いが漂ってくると、何だかソワソワするおサルたち。

焼きあがって粗熱がとれた頃になると、もう我慢の限界で。

1匹のおサルがそっとつまんで・・・

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-kirari.png
フライングおサル

うはぁぁぁ

おいし~~~~

その後10分も経たずに完食してしまいました。

どこぞのドーナツのようなフワフワの食感に、焦げ気味のカラメル味に手が止まりません。

胸焼けするほどの甘いパンが欲しいときにはお勧めのパンです。