過去記事の見直し作業中です

紫の不思議

紫系の色合いに神秘的でどこか秘密めいたものを感じませんか?

私にとって紫系の色はちょっぴり不思議色。

赤から青にかけての色(赤→赤紫→青紫→青)が好きで、作品によく取り入れています。

製作中に気づいたのですが、赤や青にはない独特な色の魅力が紫にはあるように思えるのです。
向き合うときの心理状況によって、紫はいろんな表情に見えたりします。

赤系や青系の色のときはあまりそうは感じないのに。

紫色の糸で一色刺しをしているときなどは、やるぞー!と気持ちを高ぶらせるかと思えば、げんなりさせられたり、イライラするときもあれば、落ち着く色に見えることも。

色の不思議ってものでしょうか。

私にとっては紫が、赤や青に比べると心理状況が出やすい色なのかもしれませんね。

他の人にとっては緑だったり茶や黄だったりするのかな。

前に刺し終えていたライラック色のRは、形はすっきりシャープだけれどどことなくしおらしい巾着になりました。

少しは夏を意識して、内布には明るく軽やかなコットンをあわせてみました。