暮らしのなかのねこ 

どれを選ぶか迷う時はカメラで撮ってみよう

「何かを決めかねているとき、迷っているものを写真に撮ってみるとよい。」

というのを本で読んだことがあります。

言われてみれば、部屋のお片づけでもそうでした。仕上げにカメラで撮ってみると「こっちがよかったな。」とか気づくものです。

実物を見ているときとは違った視点になるのも新鮮。

ハンドメイドでも同じなのでしょうか。

そこで実験してみました。

選べなかったビーズの組み合わせが決まる

どうしても迷ってしまって決められないビーズの組み合わせ。

どの組み合わせもよい雰囲気で決めきれない、でも使いたいのは1組だけ。

最後まで悩んだ4通りをマチ針にさして並べ、角度や並べる順番を変えて約70枚ほど撮影してみました。

結果は、一目瞭然。

「決められない」と思いながらも白いマチ針の組み合わせを選んでいました。白いマチ針にばかりピントが合っていたのです。

ほんと、カメラは正直。

なぜ突然ビーズ?

ですよね。

針を動かしているあいだ頭が空っぽになっているのかといえば、そうでもなくて。輪郭のはっきりしないことをぼんやりと考えているような、いないような。ゆるゆると魂の抜けかけているときに、突如ひらめき、引きもどされることがあります。

今日も「あ、そだ!」ときて、ステッチを放り出してビーズを物色し始めました。

カメラのおかげで決まった組み合わせでレースを編んでで、ちっちゃなものを作ってます。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etoko.png
エトコ

何ができたのかは、また明日