暮らしのなかのねこ こちら

春を待つ猫

じわじわと暖かい日が増えてきましたね。

今年もあともう少しで、春めいた風景になりそうです。

キャットタワーの小さなボックスに潜り込んで、じっと何かを考えているような表情。

子猫のころは、寒いのなんてへっちゃら~だったお嬢にゃんこ(ラビ)。 もうすぐ8歳を迎えます。 そろそろ寒いのは苦手になりつつあるようで、暖かいところを探して丸まるようになりました。

ぽかぽか陽気でお昼寝にゃんこ

春の陽気に誘われるかのように、換毛期がはじまりました。まるで脱皮してるかのごとく毛が抜けまくり、ソファやラグにも毛のかたまりがちらほら見られるように。

まるで春を迎える準備をしているようです。

かっこいいって言われるけどお嬢様

ラグドールがキャットタワーのボックスから顔を出している
「かっこいい!写真撮っていい?」てよくいわれるけどラビおんにゃのこ…

ラグドール特有のアーモンド形の目は表情豊か。

しぐさや鳴き方など全身で何かを伝えようとする猫が多い(うちのうめ、そら、ファムも)のだけど、ラビはそれを目の表情だけでやってしまう。

おしとやかで品のある風情なうえ、どことなく複雑に憂いを浮かべる目。か細く甘えた声で、ここぞというタイミングを狙ったかのように「ミャァ…」と鳴く。 あくまで控えめに。

そんな様子は男心にグッと刺さるようで、夫がメロメロです(笑)

https://etoko.net/wp-content/uploads/2018/12/toko-ihihi3.png
エトコ

わたしはわりと平気

二面性のある猫の素顔をみるのは面白い

ラビとそら(奥)以前住んでいた家は廊下が長かった

ラビはいつだってご機嫌。

しっぽをピーンと伸ばして「にゃにか面白いものにゃいかなぁ~」てな表情で歩き回ってます。しっぽが垂れているのを見たことがない。

わたしがひとりでガサゴソしてたら、ラビがひょいっとそばに来て静かにじっと見てるだけ。作業を終えてその場を立ち去ったあと、こっそりとドアの陰から覗いてみると、ラビが同じようにガサゴソしてたり。

家族が寝静まった夜中にキッチンの電気をパッとつけると、カウンターの上でモゾモゾしていたらしいラビが「しまったぁぁぁぁぁ!!」みたいな顔して固まることがあったり。

ラビは人が見てる時と、見てないときの二面性があるようです。

日頃は影のように存在感を消していて、振り返ればそこにいる。どんなときでもポーカーフェイス。そんなラビのいつもは見せない一面を垣間見るとき、「やっぱ、このコ面白いな」と感じます。

ファムは表裏なく猪突猛進、態度がでっかく思ったことが顔に出るタイプ。これはこれでストレートな反応が面白い。ラビとファムは正反対のコンビ。

どちらもラグドールなのにまったく趣の異なる二匹。よくネットでみかける『ラグドールとは~』はあてにならないなと思う。

ちょこんと座ってのぞき込んでくるようすがたまらない、おじょうにゃんこラビ。これからもよろしくね。