暮らしのなかのねこ こちら

ミシンの前に再度確認を

いつも仕立てる前に写真を撮っておこうと思いながら、すっかり忘れてしまいます。

今日はミシンの前に座って、ハッ!と思い出してそくさとカメラを手にしました。

布を見ながらこんな形にしよう!と考えながらカットして、イメージに合う図案を選んで刺していきます。ここまで一気に作業を進めるので、ここらへんで少し立ち止まって冷静に見直す作業が必要なのです。

刺し終えた刺繍部分と使う予定の生地や副資材をもう1度合わせてみて、できあがりを想像してから、ミシンの前に座るのが理想です。

勢いあまって確認を忘れて仕立ててしまうことも多々ありまして。

もしもイマイチな出来上がりになってしまったときに見直せるように。

また、今後の作品の色合わせの参考用に、やはり写真に残しておかなくては。

編み図と使用糸

好みの曲線になるよう部分的に変更を加えたりしています。