暮らしのなかのねこ 

森のちいさな女の子をおまけ色鉛筆で塗ってみたら

コスミック出版の『幸せいっぱいのぬりえセット』についてくる24色の色鉛筆のみで塗っています。

前回はコスミック出版以外の本に塗ったから使いづらく感じたのかと思い、今回はセット本体の塗り絵本に使ってみました。

結果は、前回の感想とあまり変わらず。

あまりに使いづらいもんだから、珍しく途中放棄してしまいました。

この記事の中盤あたりで、塗りかけ放置状態のものを画板に設置している様子をのせてます 大人の塗り絵を再開|作業テーブルの設置
https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

放置から半年間も塗り絵お休みしちゃってたのだ。再開するならここからかなぁ~と思って

塗りにくかった理由

コスミック出版の色鉛筆で花々を塗っている
テカる、すべる、混ざらない

コスミック出版のおまけでついてくる色鉛筆は混色があまりできません。

色はのるけど混ざりはしないのがどうにも使いづらく感じて。

数少ない色で陰影をつけるにはどうすればいいのかわからず、力尽きてしまってました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokosyobon.png
エトコ

これまでいい色鉛筆ばかり使ってたんだなぁ

ちょっとは上達しつつあるのかな?なんて思っていたところで、道具を変えてみれば大して成長してなかった現実にがっくり。

初心に戻って、教科書にしているテキストを見直そう。

コスミック出版の色鉛筆で花をグラデーションになるよう塗っている
グラデーションがわかりづらい
コスミック出版以外の塗り絵本にぬったときのお話 コスミック出版の塗り絵本についてくる色鉛筆で試し塗り【レビュー】

紙が変わればもう少し印象が変わるかと期待していたけれど、そう変化はなく。やっぱり塗りにくい(笑)

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoehehe.png
エトコ

笑えるくらいわたしには無理だった

上の3つの黄色いお花は塗る順番を変えたり筆圧を変えてみたりしながら塗ってます。多少違いがあるような、ないような。

色鉛筆でのべた塗りに目覚めた

『森のちいさな女の子』の内表紙をコスミック出版の色鉛筆で塗っている
背景を塗る気力がわかず

さんざん使いづらい色鉛筆とか言っておきながら、全部塗ってみて良いことにも気づけました。

グラデーションがうまいこと作れないなら、いっそべた塗りでいこう!てな感じで途中から方向転換してガシガシ塗りこんでみたら、意外とストレスなくよい感じに塗れるじゃないですかー。

しかも、この本の絵の雰囲気はべた塗りも似合う。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoureshii.png
エトコ

色鉛筆でのべた塗りおもしろーい!

ペンでのべた塗りはいつもしてるんですけど、色鉛筆ではほぼ初めてかも。

これまで自分的にはしっかり塗りこんでたつもりが、まったく足りていませんでした。

ギュッと塗りこむ感じをつかみかけたところで、今回は塗り終わり。

もうちょい塗りたいところで終わってしまった……。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowo.png
エトヲ

腹八分くらいかね

花々の間にひょっこり猫がいる線画
にゃんこのふっくらしたお腹のラインがいい

筆圧や色でグラデーションを作るのが難しい色鉛筆なので、無彩色や補色を混ぜ込みながら陰影を作っていく塗り方になりそうです。

というか、無理にこの色鉛筆だけで使う必要もないわけで。

色の相性がよさそうな 無印良品やuniの色鉛筆と合わせて使っていこう。

塗り絵本と画材

ちいさな女の子と猫が過ごす森の春夏秋冬が描かれた塗り絵本。

季節がゆるやかに変化してゆくのがとてもよいです。

森の風景、市場、お部屋、ファッションが季節ごとに変化していく。

シンプルな線画なのでいかようにも雰囲気を変えて塗る楽しみがあります。