過去記事の見直し作業中です

フェリシモ500色の色えんぴつTOKYO SEEDS用鉛筆削り

12月分のフェリシモ定期便をワクワクと待っていたのはこれ!

DAHLEの鉛筆削りです。

これまで500色の色えんぴつTOKYO SEEDSを削るときは小型シャープナーを使っていたのだけど、少々削れ過ぎるとういか。

色えんぴつの芯が軟らかくてすぐに丸くなるからこまめに削るとどんどん短くなっちゃって💦

焦ってカッターで削ってみるも手間はかかるし、そのたびに作業が中断になるのも嫌で、7ヶ月悩んだ末DAHLEの鉛筆削りを使ってみることにしました。

DAHLE133を選んだ理由

手芸用品を揃えすぎて、お片付けのときげんなりしてしまった経験から、なるべく画材関連のものは増やしたくないと思っていました。

その気持ちは今でも変わらずなんですが、「どんなことでも好奇心は大切にしたい、なんでも経験してみることも必要だ」とも考えています。
これまで行動してきたことは、すべてにおいて無駄になってはいないからです。

ただ、不用意なのはいけませんので、今回の鉛筆削りを決める際はいろいろと試してみました。

7ヶ月もかけて考え試して、DAHLE133を使ってみようと決めた理由はふたつ。

ひとつめ、小型シャープナーと比べて無駄削りが減るかもしれない

このハンドル式のシャープナーは鉛筆用に違うメーカーのものをあと2つ持ってるんですが、小型で削るときと比べて鉛筆の減りが遅いです。
鉛筆と色鉛筆では芯の硬さも違うし、差がどれほどでるのかはわかりません。

急ぐ理由もなかったので、小型とハンドル式でどれだけ差がでるのかを2本の未使用鉛筆を使って試してみました。(色鉛筆ではもったいなくて😅)

1か月間それぞれ小型シャープナーだけで削った鉛筆と、ハンドル式シャープナーだけで削った鉛筆を同じだけ使用して長さの比較をしました。

うちでは毎日毎食ごとに猫の食事や体調記録を鉛筆でノートに書きつけているので、筆記用量はほぼ同じだったはずです。(色鉛筆を使っているときと同じくらいの間隔で)芯が丸まってきたら削る、をそれぞれの鉛筆削りで1か月ずつ、計2か月試しました。

結果は、ハンドル式のほうが鉛筆の減りが大幅に少なかった!
小型シャープナーといっても中島重久堂の刃物だともっと違う結果になったのではないかと思うんですが…太軸用のは10㎜までのタイプしか確認できませんでした。

この結果をみて、これは色鉛筆でも同じなんじゃないかなー?と思ったわけです。

番外編で、短くなりすぎた鉛筆はカッターで削ってみたり。
これがものすごーく楽しかった🤩
うすーくうすーく均一に軸を回しながらトゥル~っと削るのが楽しくてたまらんの!時間はかかるけど、丁寧に削れば美しく削りあがるんですよね。
まぁ、でも、それはそれで違う意味で「だめだー」と思ったのでした(笑)塗り絵が進まなくなりそう。

ふたつめ、芯先の調節機能が欲しかった

普通の色鉛筆はきちんととがらせて使ってますが、マジックペンシルは芯先がとがりすぎていないほうがいいこともあって。

とがり具合が調節できるものを使ってみたかったのです。

小型シャープナーで太軸対応のものでこの機能が付いたものをまだ見たことがないので、需要はないのでしょう💧

DAHLE、DUX、LYRAで削り比べ

それでは~、さっそく削り比べをば!

到着したばかりの500色の色えんぴつFORESTから4色を使いました。

FOREST、好きな色ばかりで塗るのが楽しみ😍

まずはDAHLEから!

1番とがってない状態と、とがった状態で2本。
とんがり具合は、ハンドル部分についたポッチ金具で調節できるようになっています。

ピンピンとまではいきませんが、これくらいでも私には十分です。

とがってない具合もこれくらいでちょうどよい。

次はDUXのダブルシャープナー!

マジックペンシル用に使っていたものです。
フェリシモの色鉛筆は、差し込む角度を少し上(刃)向きに調節しないとうまく削れません。

ぴったりはめて回せないので不安定なのですが、比較的きれいに削れます。

最後はLYRAのウッド2穴シャープナー!

手にした質感と軽さはこれが1番好み。

こちらもDUXと同じく穴にぴったりと軸がはまらず、少し上(刃)に向けるように軸を回さないといけないので不安定。

そのせいか、芯先がねじ切れるようになってしまってます。芯の削りあがりは雑な印象。

マジックペンシルで芯先をとがらせないように削りたいときに使ってます。

最後に、全部揃えて整列!

ほんの僅かDUXが短いくらい。

本当はこれが欲しかった🤭

鉛筆削りは消耗品なのでここまでするとちょーっと、ねぇ…

手持ちの鉛筆削りが全滅したらまたまた悩ましく考えてるかも。