暮らしのなかのねこ 

マジックペンシルにも使えるハンドル式鉛筆削りDAHLE133

先日届いた鉛筆削りDAHLE133 はマジックマーブルペンシルも削れるんです

どんな風に削れるのかなー🎵

ウキウキしながらマジックペンシルを差し込んで削ろうとした瞬間

ボコッ‼‼😱😱😱

イヤァァァ~

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoshock.png
エトコ

7か月も悩んでこんなオチはイヤァァァァ

いきなり壊れた~~💦💦

鉛筆削りからマジックペンシルを抜こうにも引き抜けません!

マジックペンシルも喰われてしまってもうだめだぁ。

この状況めちゃくちゃ焦りました。

説明書はさらっとかる~く目を通してポイしちゃってますし。

ごみはもうゴミ袋ごと捨ててしまってました…

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoase.png
エトコ

すーはーぁ、すーはーぁ…落ち着け~わたしよく見るんだ


落ち着いて
よく見たら仕様だった

鉛筆削りDAHLE133の外れた部品をはめ込んでいる途中
はめ込みづらいでっぱり

部品のでっぱり部分を合わせてはめ込もうとしてもなかなかはまらず。

スッと入っていかないんです…。

ひたすら焦る。

落ち着いて、何度かチャレンジしてやっとこさはまりました。

きちんとはまれば、ハンドルも回るようになって、無事に直ったようです。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokosyobon.png
エトコ

直ってよかった、肝冷えたよ~

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etowo.png
エトヲ

すぐ横でゴロゴロしてたんだけど、そんなピンチになってたとは…

ハンドル式鉛筆削りDAHLE133のハンドル部分の部品
ハンドルを回すとゆるみやすくなるかも

原因はハンドル付け根部分の部品が、ゆるみやすいことでした。

この部品を直接回すようなことはしていないので、鉛筆を削るのにハンドルと一緒に回ってしまってのだと思われます。

それか、もともとゆるめになっていたのか。

芯が詰まったときに、この部分を回してハンドルごと引き抜いて芯を取り除くようです。

なので外れてしまうのはいいとして、鉛筆を突っ込んだらボコっていくのはびっくりだぞー(笑)ほんとビビったんだってば。

意識してここの部品を締めておかないと、使っているうちにまたボコッと外れるのかもしれませんね。


マジックペンシルも
削り具合よし!

ハンドル式鉛筆削りDAHLE133で削ったマジックマーブルペンシル
マジックマーブルペンシルも削れる

削ってみたのはマジックマーブルペンシルのセットに入っていたブレンダーです。

芯先をとがらせない角度で削るとこんな感じ。

鉛筆削りDAHLE133で削ったマジックマーブルペンシルの擦り切れた軸
軸の部分も少し削れる

芯先をとがらせるとこんな感じで、ちゃんと削れてます。

ついでに軸も少し削れてます。

差し込み口に対してすこしきつめだったんですよ。

ぐぐっと押し込んだら軸まで削れてしまいました。

フェリシモ色えんぴつの軸が削れるなんてことはなかったのでご安心を。

マジックペンシルもせっかくきれいな軸なので、DUXやLYRAの小型シャープナーで削れるうちはそちらを使おうと思ってます。

しばらくの間、DAHLE133はフェリシモの500色の色えんぴつ専用になりそうです。