ついつい食べすぎる発芽玄米はコチラ 

もうひとつのクジラ

ジョハンナ・バスフォード「海の楽園」よりクジラ

もうひとつのクジラは無印良品の色鉛筆16色で塗ってみました。

サンプルのクジラはジョハンナさんのHPからダウンロードしたものです。

参考 Lost Oceanジョハンナ・バスフォードオフィシャルHP

同じ図案をふたつ塗るのは面倒かと思ったんですけど、そうでもない。

最初でうまくいかなかったところを、違う色で違う風に工夫しながら塗れるので、最後まで楽しく塗り終えました。

こちらは薄紫とピンクを中心に明るくはっきりとした色合いで。

ブルーグリーンで塗ったクジラの頭部のアップ
ブルーグリンにブルーの葉がなじみすぎている

失敗だったのは、小ぶりな葉(?)をつけた海藻を青で塗ってしまったこと。

背景の青緑にすっかりなじんで目立たない。

遠目でみると存在が消えてしまっています。

海の景色が描かれたクジラの腹部を塗ったアップ
何も考えず好きなように塗る

グラデーションや混色を考えず、そのままの色でさくさく塗り進めました。

黄色とピンクが加わると華やいだ雰囲気になりますね。

前回のクジラより、こちらのクジラの色合いのが好みだったりします

水彩色鉛筆で塗りました
カラフルに塗られたクジラのしっぽ
色選びは難しい…

お腹部分はうっすらとグレーを塗りました。

波と小魚が描かれたクジラの腹部
グレーにピンクを合わせるのが好み

グレーは色が濁る気がして塗り絵ではあまり使わなかったのですが、さすがお魚にはよく合います。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/04/etokoihihi.png
エトコ

もう、そのまんま魚色

魚や石の表現以外に、もっと使いどころを研究してみたい色です。

クジラのサンプルは簡単にダウンロードできるので、興味をもたれた方はぜひ挑戦してみてください。

塗った後は切り抜いて、厚紙に張り付けてモビールにしても楽しめそうです。


塗り絵本と画材


まぶしいにゃー

ラグドールがまぶしそうに目に手を当てて寝ている
顔を覆わなくても…笑

撮影を終えて振り返ると、今日もスタンバイだった彼女はすでに寝落ちてました。

レディなのに肉球のもふ毛がぼうぼう。

そろそろ刈らなくては!