チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

クリスマスの飾りつけ

毎年12月に入るとぼちぼち始めるクリスマスの飾りつけ。

11月中に飾り始めないのは、11月を置いてきぼりにしているように感じるから。

10月のハロウィン、12月のクリスマスにはさまれて存在感はいまひとつな11月。
まだ紅葉真っ最中の景色にクリスマスの飾りは似合わないかな~、というのもあります。

今年は特に12月に入ってからも暑い日があり、いつまでたっても冬らしくなかったですよね。
玄関まわりだけは12月はいってすぐにクリスマス用の飾りつけにしたものの、モビールは後回しになってました。
だって、全然冬っぽくなかったんだもん(笑)

猫が飛び乗れない玄関に置くツリー

一昨年のクリスマスまでは、光ファイバーのクリスマスツリーを置いていました。

10年ほど前に、「とてもきれいだったから」と夫が買ってきてくれたもの。
いくつもの色に変化してゆく光がとてもきれいで、毎年クリスマスの時期に飾っては眺めて楽しんでいました。

猫たちはツリーにそれほど興味も示さなかったので、気にせず過ごしていたのです…がっ!

一昨年(2016年)の冬、おばあちゃま猫がいきなりツリーをむしゃむしゃ食べ始めてびっくり~。
飲み込む前に気がついてすぐにツリーは隠しましたが、留守中だったら危なかった…

あぁ~、とうとうこの日がやってきたか、と床に設置するツリーは処分することにしました。
ねこ暮らしだと置けないものが増えるのだけど、ツリーも仲間入り。しょぼん…

まぁ、しょんぼりしててもつまらない。
ってことで、猫たちが飛び乗れない玄関の靴箱の上にちびツリーセットを飾ることにしました。

うちの猫たちはジャンプが苦手。タワーへのジャンプも失敗するくらいどんくさい。
タワーも腕で抱え込んでよじ登っていくんです。それはそれで見事なんですが(笑)
おばあちゃま猫たちは150cmくらいでも余裕で跳んでたぞ~。

ちびツリーは10年以上前から持っていたもの。住む家によって出したり出さなかったり。
部品がとれたところの修理を重ねながら使い続けてます。

ちびツリーとキャンドルホルダーがにぎやかな色合いなのでポストカードはモノトーンで。
今年の4月~7月に開催されていた「ねこ画展」で購入してきたクラミサヨさん作のもの。

点々で描かれているカップがもこもこに見えて面白い。
活版印刷特有のポコポコした手触りに「おっ!」てなるし、なにより洒落てますねー!

現在でもマルアイのオンラインストアで購入できるようです。

参考 旅ねこ パリ・ロンドン編マルアイ

キャンドルホルダーはイッタラカステヘルミのクランベリーとエメラルド。

ちびツリーのにぎやかさにも負けない存在感。
暑い季節のイメージが強いエメラルドでしたが、赤系の色と一緒におくと冬の空気にもなじんで見えて、いい感じ。

ちびツリーを組み立て始めると、さっそく新米にゃんこ(ファム)がクンクンしにきました。
プラプラする小さなものが気になってたみたい。いつもならパーツを転がして邪魔してきそうなところで、今回は珍しくちょっかいを出すこともなく、組み立て終えるまで眺めているだけ。

お嬢にゃんこ(ラビ)はもう8年目、ちびツリーはすっかり見慣れてしまっていて、まったく興味なし。

猫たちがチョイチョイ遊び始める前に、すたこらさっさー玄関へもっていくのだー!

クリスマスのモビールも設置

今年もクリスマスモビールを吊るしました。

一昨年はハートも一緒に飾っていたけど、今年はツリーと天使のみ。

天井照明のないすっきりした空間にくるくる回るツリーや天使がかわいらしい。

ここはちょうどエアコンの微風があたる場所なので、ゆるくまわり続けるんです。
ついつい、ぼぉ~っと眺めてしまう。

本体についているのはツリーと4体の天使。
紐の長さは調節できます。天井の高さによってはこのぐらいが邪魔にならなくてよさそう。

これだけを吊るすのはとても簡単。

ローゼット(照明の差し込み口)に付いているネジ穴のところにひっかけるだけ。
本体はとても軽いので、これまで風に吹かれて落ちたことはありません。(それよりも糸が絡まります)

うちはもともと付いていた天井照明を取り外しているので、こういう器具が使えるんですが、無い場合は文房具のピンでも留められそうです。

ちょっと大変なのは、この先、天使を増やす場合。

本体に追加で天使を4体吊るしました。
天使たちがぶつからないよう、でも離れすぎないように微妙に位置をずらしながら、文房具のピンに糸をひっかけて留めていきます。

何が大変って、位置調整で何度も脚立を上ったり、下りたりを続けていると、だんだんクラクラしてくるんです。

この作業、ひとりでするのはつらい~。
足元がぐらついて脚立から落ちそうになるので、夫に支えてもらいながらの作業でした。

日々のキャンドルホルダーもクリスマス色

季節ごとに入れ替えてるキャンドルホルダーもクリスマスカラーに。

キビのクランベリーとグリーンにカステヘルミのクリアを選びました。

日常生活のなかで玄関よりこちらのほうが目に入る位置になので、ここの色が変わるとクリスマスが近いんだな、と実感できます。

ここまですれば、飾りつけもおしまい!
あとはぽやぽや塗り絵でもしながらクリスマスを待つとしましょ。