チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

変わりマンダラ

マンダラというと、上の画像のようにぐるっとまるい円形の中に、様々な文様が描かれているものだと思っていました。

まぁるく放射線状に広がっていく、まるでレース編みのドイリーのような。

ところがどっこい、最近見かけるマンダラ塗り絵には花、星、さらに街の形のものまであるんですね!

インスタグラムで見かけた街のマンダラ⬇がとても素敵で本にならないかとワクワクしてたりします。

今回初登場のPosh Adult Coloring Book Mandalas for Meditation & Relaxation にもちょっと変わったマンダラが満載で塗るのが楽しみでなりません。

進行中のぬり絵がどん詰まりになったり、息抜き程度のぬり絵がしたいなーってときに小さめサイズのマンダラってちょうどよくて。

あと、そうそう!

カラーチャート眺めてるだけじゃ気づかない、配色サンプルの代わりになったりもします。

広い面積を塗ってわかることって多いですよね。

使った色鉛筆のメモを挟んでおくと、配色で悩んだ時に便利に使えそうです。

⬆画像のマンダラはダーウェント アーチストカラーペンシルで塗りました。

単色では透明感のあるきれいな色が多い印象。

そういえば、レース糸や刺繍糸のアンカーもイギリスのメーカーで同じような印象を受けたのですが、イギリスの色合いってこういう雰囲気なのかな?と思ったり。

アンカーとDMC、段染めレース糸の比較

ダーウェントといえば、総販売元が変わったそうで、今後の動きが気になるところ。

総代理店じゃなくて、総販売元なんですよね。

値上げとか・・・なりませんように。

きれいなんだけど、ゴリゴリ塗りこんでもハッキリ鮮やかにはならないので写真に撮るといまひとつ。

実物はとても美しい色です。塗っているときの癒され度は過去最高でした。

⬆こちらはマジックマーブルペンシルで。

マーブルペンシルの配色を考えるのによいサイズでした。

相変わらずマーブルペンシル面白い。

自分じゃ絶対こんなとこにこの色使わないなーてのの連発で。

昔のRPGを連想してしまう組み合わせに、途中で何度色変えようかと迷ったことか。

塗りあがってみれば意外と楽しめてました(笑)

⬆こちらもマジックマーブルペンシルで塗りました。

使ったのは2本だけ。

線で塗ると色の変化がよりはっきりでて楽しいのだけど、写真だと分かりづらいですね。

もう少し濃い色での線塗りがよかったかしら。

さて、お次はにょろにょろ~。

インスタグラムでは公開済みのあのにょろっとしてるやつです。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-ase3.png
エトコ

色々失敗してます

塗り絵本と画材