チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

ダイニングテーブルの簡単お手入れ

晴れたり曇ったり、いきなり雷が落ちてきたり。季節は着実に梅雨に向かってますね。

本格的に梅雨入りする前までは、ダイニングテーブルのお手入れをしなければなりません。梅雨入り後からの湿度が高くなる時期は、お手入れを控えるようにしてます。

このあとしばらくお手入れできないとなると何となく焦るもので、さっそくお手入れをば。

わが家のダイニングテーブルとチェア

わが家でダイニングテーブルとして使っているのは飛騨産業(キツツキマーク)の森のことば ビーンズ型リビングテーブルです。展示品を見て、触ったときに「あぁ、これだ~!」て触り惚れ(?)してしまったもの。

本来はリビングテーブルとして使うものを、長い脚を追加でオーダーしてダイニングテーブルとしても使えるようにしました。

木肌がすべすべでほっぺをくっつけてると吸いつくような気持ちよさ。家具って手で触りまくるものではないんでしょうけれど、疲れた時ほどぺたーっと触れたくなる、そんなテーブルです。

使い始めて7年目。今でも飽きることなく家で最高に気に入ってる家具です。

合わせたのはSEOTO アームチェア。ひじ掛けがハーフタイプでテーブルに差し込んだ時に収まりよく、椅子から立ち上がる時にひっかかって邪魔にもならない、ほど良いサイズ。

テーブルの脚を作ってもらった時に一緒に発注して、小柄な私の座高に合うように脚をカットしてもらいました。自分の体にフィットした椅子ってこんなに快適なんだと感心しきり。これまで足が床にペタリと着くことがなかったので、地味にうれしい。

お手入れは綿タオルで拭くだけ

お気に入りのダイニングテーブル、さぞかし気合を入れてお手入れしているのかといえば、そうでもなく。

家具売り場の家具が大好きという店員さんに教えてもらった方法で、ささっと済ませてます。それは・・・

「普段は綿タオルで拭いて、乾燥する時期はたまにでもいいから晒に包んだ米ぬかで拭いてあげること。化繊のタオルはだめですよ。あと水拭きもだめです。乾いたふつーのタオルがいいんです!」

と、まぁ、これだけ。

ホワイトオークのオイル仕上げなので専用のメンテナンスキットを購入して、ホームページに記載されている方法通りお手入れするもんだと思っていたのですが、普段はそこまでしないでもよいそうで。

楽ちんお手入れバンザイ

エトコ

そんなものなのか、と拍子抜けしてしまいました。

たまに使う米ぬか袋

お嬢にゃんこの手前に置いているのが実際使っている米ぬか袋です。(お嬢にゃんこ手伝いに来てくれたようなんですが・・・笑)

米ぬかは、コメ作りをしてる実家から送ってもらったのを冷凍保存しておいて、使う分だけ(おたま2杯分くらい)米ぬか袋に移します。

冷凍庫に保存しておくのは、米ぬかは常温に置いておくと傷んでしまうので、お風呂にドボンの再利用が難しくなるからです。

米ぬか袋は長方形の晒を半分に折って、両端を縫っただけ。縦を長めに作っておくと、米ぬかを入れた後、入れ口をぐるりと結べるので便利です。

米ぬか袋の使い方

お手入れの手順は、綿タオルでテーブルや椅子の全体をざっと拭いて、米ぬか袋で再度全体を拭きあげておしまい。

お手入れ頻度は、湿度の高い時期はタオルだけで乾拭き、乾燥する時期は週一回米ぬか袋を使って拭くくらいで。

椅子のひじ掛けや脚もせっせと拭いていきます。

ぬか袋からぬかが少しずつこぼれてくるんですが、気にせずどんどん拭いていきます。

端から端まで~天板や椅子の裏も拭くので、全て拭き終えるころにはちょっと腕がプルプルに。

拭き終わった米ぬか袋は、その日の晩、湯船でもみもみしてぬか風呂にしちゃいます。ぬか風呂から上がると自分もすべすべ~😊一石二鳥てやつですね !

シンプルなお手入れでトラブルなし

購入以来ずっとこのお手入れ方法を続けていて特にトラブルもなく、すべすべ木肌を保ててます。ひび割れができたり、変色する箇所がでてきたりはしていません。

普段はテーブルクロスやトレイを使っているので、傷みにくいのかもしれません。

これからも長く使っていきたいテーブル。次のお手入れは梅雨が明けるくらいかな。

気ににゃるペロペロ

テーブルを拭いていると目の端に映ったお嬢にゃんこ。

声をかけも夢中で床ペロ中。

見に行っても何もない、なんだろう?気になるぞー

あたちもにゃにか拭きたかった!

とか?