チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

刺し子の落ちワタふきんで用途別のマットを減らす

いつもなら用途を先に決めてからモノ作りをするのだけど、落ちワタふきんに刺し子でおめかししたときは何も考えておらず…。

落ちワタふきんをクリスマス風に!刺し子でおめかし

作ってみたかったから、作ったという感じでした。

せっかく作ったからには使って楽しみたい刺し子のふきん。

そこで、キッチンをぐるりと見渡して考えてみました。

刺し子の落ちワタふきんをどう使う?

刺し子の花ふきんは、ほこりよけやお手拭きに使うときれいな模様を楽しめますよね。ところが、わたしが作った刺し子の落ちワタふきんは、半分に折って2枚重ねで刺したものなので、手ざわりかための小さめサイズ。

花ふきんのようには使えない。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-hirameki.png
エトコ

そこで思い出した

鍋敷きとポットマットとオーブンウェア(グラタン皿)の下に敷くマットをそれぞれ作ろうと思っていたんでした。

これ全部、刺し子の落ちワタふきんでいけるんじゃない?

刺し子の落ちワタふきんを使いまわせば、用途別のマット類を作らなくてすみそうです。

刺し子の落ちワタふきんをいろいろなマットの代わりに使う

思いついたら即実践。

それぞれの用途で使ってみたら、ぴたっとはまっていい感じでした。

マット類って思いのほか汚れがつきやすい。刺し子をしてあるので、汚れが目立ちにくくなってます。

汚れたときにジャブジャブ気兼ねなく洗えるのもいいところ。

鍋敷きとして使う

お鍋をテーブルに出したり、配膳トレーにセットするときに使います。

大きなお鍋をテーブルに出すときは2~3枚重ねで。

ストウブ使いならトリベットはどうかと考えて、取り扱いのあるお店へ実物を見に行きました。実物を持ってみて、予想より重かったので購入は見送ることに。

写真は10cmサイズのココットです。

うちではひとりにひとつ、小さなお鍋で蒸し料理を作ります。

ひとりごはんのときは、この小さなお鍋でごはんを炊いて、そのまま鍋飯とかしちゃいます。

熱々のままトレーにのせると、板が傷んでしまうので敷くものが必要なんです。これまでは、小さめのマットやハンドタオルを使っていました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-iu2.png
エトコ

これが結構よごれちゃって

そろそろ変えたかった

たまたま、持っているお鍋と刺し子糸の色がぴったり。

サイズもほどよく、ふたを開けて鍋縁にかけたときの液だれでトレーが汚れることもなくなりました。

オーブンウェアの下敷きとして使う

グラタンやオーブン料理をよく作るので、鍋敷きと同じように使えるものが欲しいと思ってました。ストウブの小さなお鍋と用途はほとんど変わりません。

オーブンウェア用のマットより、刺し子の落ちワタふきんのほうが使いやすいと感じたのは、折りたためばサイズが変えられるから。小さくたためば10cmの小さなお鍋サイズ、三つ折りにすると約19cm(底は15cmほど)のグラタン皿に合うサイズになります。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-ihihi.png
エトコ

洗ってもとれなくなった汚れた面を

折って隠して使えるのもいいよ

ポットマットやコースターとして使う

刺し子の落ちワタふきんをポットマット&コースターとして使ってます。

この黄色いティーポットはカップにお茶を注いだあと、必ず液だれしてしまいます。ポットの液だれはどうにもしようがない。ならば、刺し子の落ちワタふきんで受けてしまおう、てな具合です。

わが家のカウンターで常にスタンバイ状態のお茶セット。ポットの中身はルイボスティーやラズベリーリーフティー。

いつでも飲めるようにグラスとセットで置いておくと、ちょっと通りがかったときにチビチビ飲めるのでちょうどよいのです。

何をすっきりさせたいか考える

思いがけず、色々に使えることに気がついた刺し子の落ちワタふきん。わが家ではマット類の代わりに使っていますが、ほかに洗面所やペットまわりでも使い道は見つかりそうです。

マット類はタオルで代用できるので、あえて持つ必要はないかもしれません。実際、しばらく間ハンドタオルを使っていましたし。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2018/12/toko-egao7.png
エトコ

でもね、ちょっと味気なかったんだ

すっきり暮らすことにこだわりすぎて、手づくりのものを使う楽しさを忘れそうでした。手間はかかるけど手づくりのものを暮らしの中で使いたい、使ってみたい。そういう好奇心からくるもの作りはすごく好き。

自分の気持ちや、感覚に逆らわないシンプルな暮らし方をいつも考えてます。ものが中心というより、気持ちが中心でありたい。ふいに立ち止まってしまったとき、そのときの自分にとってなにが大切なのかを、自然と決められるようになるのが理想です。