チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

タティングとかぎ針編み

太目の糸で練習を重ねて、そろそろ大丈夫かな?と思い、40番のレース糸でモチーフを編んでみました。

・・・画像の通り、ぜんぜん大丈夫ではなかったです。へたっぴで見苦しいのですが今後の上達を楽しみにしての画像アップです。

画像の左がかぎ針で編んだレース(クロッシェ)、右がシャトルで結んだレース(タティングレース)。

どちらも同じ糸で編んでいるのに、手触りや雰囲気の違いが面白い。

ふわふわとやわらかい手触りでやさしい雰囲気なのはかぎ針編み、それにくらべて、しっかりとしてかための手触りなのに華奢な雰囲気のタティング。

40番のレース糸はタティングでは太めに、かぎ針編みではとんでもなく細く感じます。目を拾うのがやっとで、きちんと目を揃えて編むコツがなかなか掴めないでいます。

今は40番以上の糸で編むのならば、タティングのほうが楽です。でもね、10~20番のレース糸や毛糸などの糸をかぎ針でざくざく編むのも楽しいのです。

納得できる編みあがりになるまでかぎ針の練習はまだまだ続けます。
がんばるぞ~!

編み図と使用糸

はじめてさんでも編めるように解説は写真つきです。

ねじれやすく、一般的な40番手の糸より細いです。初心者の私には少々扱いづらさを感じました。