過去記事の見直し作業中です

のどの痛みに豆乳でつくるチャイレシピ

関東に住むようになってから、季節の変わり目に喉が痛むようになりました。

病院での診断は「空気に含まれる成分の違いからくるものでしょう。軽いアレルギー症状です。」とのこと。

普段、ひどく痛むことはないのですが、時期によっては唾をのむにも痛い😖となってしまうことも。

なるべくお薬を飲まずに治したくて、4年前からチャイを作って飲むようになりました。

喉の痛みに効果あり

4年間、季節の変わり目にだけ飲んでみたところ…予防としての効果はありました。数日飲み続けると、痛みが徐々に和らいで治ってしまいます。でも、唾をのむのもつらいほどのひどい痛みには、お薬を飲んだほうが効きました。

チャイと合わせて、加熱した梅干しや寒い時期には長ねぎもたくさん食べるようにしているので、チャイのみの効果とは言い難いのですが。

注意
すでに喉にきしむような痛みがあったり、同時に喉の奥に圧迫感があるのなら一度病院で診てもらうのをおすすめします。 私がそうだったように、アレルギーの可能性があるからです。原因によってはチャイを飲まないほうがよいことも。

チャイを飲む量とタイミング

1日に飲む量は下記のレシピでできあがる全量(500mlほど)かその半分。夫も喉をよく痛めるので在宅時は半分こにしています。

チャイを飲むタイミングは喉がムズムズ、イガイガしてきたら。

喉に違和感を感じ始めたらすぐに飲み始め、数日飲み続けて症状が落ち着いたら飲みやめます。
飲みやめるのは短期間での過剰摂取を避けたいため。

慣れない食品を毎日とり続けるとお腹がびっくりしちゃいますからね😊
私は大きめの子宮筋腫持ちなので、豆乳は加減しながら摂ることにしています。

チャイレシピの材料について

いつも作るレシピに使うのは、喉の痛みに効果があるとされている黒コショウ、クローブ、シナモン、はちみつ。

スパイスをきちんと吸収消化したいので、消化の助けにカルダモンとしょうがを使います。(妊婦さんはカルダモンを使ってはいけません。)

私の場合、牛乳ではお腹がゆるゆるになってしまうので豆乳で作っています。もちろん、牛乳に置き換えてもおいしくできるのでおすすめ。

トロっとした濃い目のチャイが好みの方は、豆乳と水の比率を1:1(270mlずつ)にするとちょうどよいくらいです。

最近はカフェイン摂取量を減らしていて、紅茶の代わりにルイボスティーを使ってます。
ルイボスティーを使う時の分量は、小さじ2ほどから様子をみてください。

豆乳チャイのレシピ

  • STEP.1
    材料をそろえる

    (2人分)

    • しょうがの薄切り……3~4枚
    • クローブ……5粒
    • カルダモン……4コ
    • 黒コショウ……3粒
    • シナモンスティック……1/2本
    • アッサムの茶葉
      (できればCTC製法のもの)……大さじ1
    • はちみつ(または砂糖)……大さじ1
    • 豆乳……180ml
    • 水……360ml
  • STEP.2
    材料を砕く

    • クローブはそのまま使います(ホールのままです)
    • カルダモンは包丁の腹で押しつぶして、黒い粒が見えるようにしておきます
    • 黒コショウも包丁の腹で押しつぶします
    • シナモンスティックは包丁の刃で切り込みを入れて、手で割ります
  • STEP.3
    鍋で煮出す

    1. 小鍋に水と、しょうが、クローブ、カルダモン、黒コショウ、シナモンスティックを入れて強火にかけます。
    2. ふつふつと沸いてきたら、水面が揺らぐ程度の弱火にして10分間、煮出していきます。ふたはしません。
    3. 茶葉を入れて、弱火のまま3分間煮出します。ふたはしません。
    4. はちみつ(または砂糖)と豆乳を入れて、スプーンでやさしくかき混ぜながら温めます
  • STEP.4
    ストレーナーで漉す

    豆乳が温まったら、ストレーナー(ざる)で漉してできあがり!
    膜が張らないようにするコツは、スプーンで混ぜながら温めることと、沸騰させすぎないようにすることです😊

使っている材料

色々な茶葉を試してみて、カルディのアッサムティーに落ち着きました。
ミルクティーに合う茶葉ならなんでもよいと思います。

チャイ以外でも年中、お鍋で煮出して飲んでます。
クセがなくほんのり甘みも感じるおいしいルイボスティーです。