チラッと見てく? にゃんしょっと こちら

くるくる塗るだけキノコ猫

猫ちゃんズのキノコの森』に続いて、また猫とキノコ。

飽きる前に塗り終えるためのひと工夫

今度はマジックマーブルペンシルでもっともっと気軽に!

ずっと前にマジックペンシルを使って、線で塗るのを楽しみましたが、今回はくるくる塗ってみました。

線塗りの記事は『変わりマンダラ』の下のほうに画像があります。

変わりマンダラ

くるくる塗りが楽しくて止まらない

マジックペンシルでくるくる円を描くように塗るだけ。

これがなんとも楽しい。

楽しくて、楽しくて止まらない~。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-egao5.png
エトコ

止め時がわからなくなるくらい楽しいの!

これまでマジックペンシルを使ってみたなかで1番楽しかった塗り方です。

くるくる円を描いていくだけで色が変わって、重なったところでも下になった線がチラチラみえるのが面白い。

ちょっと濃くしたいから、小さめにくるくるしてみよ~。

ふわふわな感じにしたいから、大きめにくるくるしてみよ~。

思いつくままに色鉛筆を動かすだけって楽しいばかり。

まるで童心に返ったようでした。

福田利之さんの描く線がこういった塗り方にも合っていたなんて!思わぬ発見でした。

くるくる塗りいろいろ

この色鉛筆⬆のミックスはいつも使いづらいと思っていた色。

ところがどっこい!くるくる塗りだとかなりいい感じの色変化。

今回1番のお気に入りキノコです。

この色でもっとくるくるしたかった~。

黄、赤、ピンクの色鉛筆のうち、ピンクの発色が弱すぎたため、ピンクのみの色鉛筆を足しました。

ふわっとさせたくて、大きめのくるくるに。

生き物に赤色を塗ると、出血(切り傷とか)してるみたいでなんとなーしヒヤッとしますねぇ。

くるくる塗っていて、赤が入りだしたときにぎょっとして、黄色とピンク色を気持ち多めに塗りこみました。

定番のハチワレ!悩ましいポージング編。

鯖っぽくしたいと思いながらもまったくの普通(笑)

おばあちゃま猫(梅)がよくこのポーズで座ってたのを思い出しつつ塗りました。

前足の曲がり具合まで似てる。

爽やかなキノコ。

こちらも2本で塗りました。

Tropical Coastは2種類の水色と黄色で構成されていて、くるくるの密度をあげて塗ると色が重なって部分的に黄緑色が見えてくるんですよ。

目の錯覚なんだけど、おもしろ~い!

猫っぽく茶色で。

⬆くるくるの密度と筆圧を上げて、陰影をつけてみました。全体的にくるくる密度高め。

⬇くるくる密度を低めにしてくるんとした被毛がかわいいラパーマ風を目指してみました。

https://etoko.net/wp-content/uploads/2019/01/toko-ihihi.png
エトコ

実際のラパーマはスリムだよ

猫たちの表情が独特なのも塗っていて楽しく感じたところ。

まだくるくるやりたいけれど、ぎりぎり秋ものを滑り込ませたいのでひとまずおしまい。

塗り絵本と画材